回答受付が終了しました

ID非公開

2021/4/28 12:18

1010回答

筒香が高校野球もリーグ戦を導入するべき、と言ったますが高野連が許しません。なぜですか?

回答(10件)

0

あくまで教育の一環だし、 チームにより差をつけるべきではなく、平等な条件で試合するべきということだと思う。

0

あれだけのチーム数でリーグ戦は現実的ではないのでから。 プロ野球の為に高校野球をやっている訳ではないから。 どうしてもやりたければ、プロ野球選手を養成するためのチームを作り、そのチームだけでリーグ戦をすればいいでしょう。

0

神奈川の高校野球の場合、春大、秋大の県大会出場校を決めるのはリーグ戦です。おおむね地区別に4校程度のリーグ戦を行い、各リーグの上位校が県大会に出場するというシステムです。 メリットととしては、リーグ戦は各学校のグラウンドでの試合となるため、 ①県高野連の支出(球場を借りる費用ですね)が減る。 ②強豪校を育成できる ...ということがあると思います。 デメリットとしては ①リーグ戦を行う環境が整っていない都道府県があり、全国一律には導入することができない ②日程的に学業と部活動との両立が難しい ③スケジュールが過密になり選手の健康管理が難しい ...ということがあると思います。 たとえば神奈川の場合、今年の春の県大会の予選は、3/27~3/31の5日間(予備日2日)。各リーグは4校なので、試合がある3日間で3試合をこなすことになります。 さらに各リーグ戦の上位校がたたかう県大会は、4/10から今現在も行われているわけです(決勝戦は5/4予定)。 もちろん春秋の県大会は学業優先のため、基本的には土日にしか行われませんが、これだけの日程をこなしていかないといけないわけです。 これを選手権大会の県予選に導入できる都道府県高野連は少ないと思います。全国一律の規格で予選大会を開けなければ、全国大会の公平性も損なわれるので、高野連は賛成しないのだと思います。

0

マスコミやファンから猛反対は必至。 また、どのように開催するかでも意見が分かれる。 日本の高校野球は国民一体だから変更は不可能。 高野連が解体されるかもしれない。 筒香は、夢物語を語っている。 ただ、言っていることは筒香が正解。 キューバなどは総当たりのリーグ戦で、 試合経験が豊富だからレベルが高い。 日本のプロ球団で弱いところだと負ける。 日本のレベルを上げたいなら、 一部の強豪同士でリーグ戦が最も効果的。 弱いのとやっても選手は成長しない。 試合数が増えて疲労で勝敗が決まるのは間違っている。 ただ、これをやるとすべてのスポーツがそうなるし、 選手権を別に開催することになるから、 多くの難題が待ち受けている。 リーグ戦で優勝した高校が、 選手権で負けたら不要論が続出する。

ID非公開

質問者2021/4/29 23:10

日本の野球のレベルは上がらなそうですね

0

リーグ戦だとミラクルで優勝する高校が出なくなり、運ではなく完全な力差になってしまうからです。

ID非公開

質問者2021/4/29 9:37

それがスポーツです