首の根元から肩甲骨の間が苦しいです。 の後ろも張ってきて苦しくなります。背中をそるとぱきぱき骨が鳴ります。 ※添付画像のあたりです。

画像

病気、症状 | マッサージ、整体50閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

回答ありがとうございます。整形外科で多少椎間板ヘルニアになってるとは言われ(そこの病院は全員にそんな診断してると後から知りました)リハビリ、湿布、ブロック注射行いましたが改善されず。セルシンというお薬を飲むと若干緩和する時があります。通院費もバカになりませんし、早く治したいです

その他の回答(3件)

0

下記は他の方への回答したものです 参考にしてください ーーー 上半身の違和感、トラブルの殆どは横向きで寝ることが、 起因してると考えています。 横向きで寝ると肩周りに負荷がかかり、肩が前方に巻き込み 肩、肩関節、 鎖骨周りにも影響してきます。 それが 長年続くと胸、肺、食道なども圧迫され様々な症状が起きます。 前屈みする姿勢の癖が、長く続くと、胸の骨と骨の間は狭くなります。 これも息苦しさや胸の奥の痛みの原因ともなります ーー 横向寝が原因で起きる様々な症状 1. 肩の奥の痛み 2. 胸の奥の痛み 3. 肩甲骨奥の痛み 4. 鎖骨周りの痛み 5. 息を吸ってもいっぱい吸えない 6. 喉に締めつけ感がある 7. 肺の圧迫感 8. 物を飲み込んでも、食道が狭く感じたり、違和感がある 9. 頸椎周りに詰まった感があり、痛みや違和感があり気分がわるい 10.首コリ 11. 肩こり 12.猫背 13. 巻き肩 14.腕が上がらず痛みがある 15.肩からゴリゴリ音がする 16.首が回らず痛みや違和感がある 17. 頭痛 症状はいずれも身体の表面ではなく 「身体の奥の方に違和感や痛み」 が出る特徴があります。 症状が酷くなると頭痛や熱が出ることもあり、 中には胸の奥の痛みで 「肋間神経痛」と診断されることもあります。 あなたもいくつかの症状に、思い当たることはありませんか? この症状は、お薬(痛み止め、湿布薬)で良くなることはありません 。 「巻き込んだ肩や肩甲骨、鎖骨周りを正常な位置に戻す施術が必要です」 これが理解できない整形外科では何度通っても、良くならないことは お分かりの事と思います。 普段身体の使い方には人それぞれ癖があり、 身体は必ず歪みがでてきます。 それを是正すべく右や左、上向きになり、身体の歪みを調整しています。 その途上に肩周りに負荷がかかった結果です。 歪みによる症状はお薬では良くなることはありません。 手技による施術が効果的です 。 「整体師」の出番となります。 自分で気を付けることは、出来るだけ仰向けになって寝るように 心がけることです 。 横向きに気がついたら仰向けになる、、これしか自分でできることは ありません。 どうでしょう 何度も言いますが、これらの症状の全ては長年の「横寝」によるものです。 心当たりある症状が多くありませんか

0

脊椎外科を受診されてください。 整形外科を受診されたならもしかしたらCT・MRIをとられたかもしれませんが、もしとられていないなら頼んだ方が良いでしょう。 大きめの病院の脊椎外科へ。 頸椎だった場合、整体やストレッチで変に触って反って悪化すると大変危険です。