ID非公開

2021/5/3 4:27

1414回答

昔は日本人も海外旅行のマナーが悪かったって 知恵袋で教えてもらったのですが 何人かが農協が酷かったって言っていました。

国際情勢 | 日本史130閲覧

ベストアンサー

2
画像

2人がナイス!しています

ただニュースでみるのは、旗もって先導してる人と集団行動してる人たちであって(だいたい旗に書いてある)、~農協とはわざわざ言ってないと思う。

画像

ThanksImg質問者からのお礼コメント

やっぱり農協の話は事実なんですね。 随分古い話でも今でも覚えている人が多いって事は 相当酷かったって事ですね。 とても参考になりました。 皆様、ありがとうございました!

お礼日時:5/6 16:30

その他の回答(13件)

2

もう20年以上前ですが、空港にN tour専用のバスが着くと既に車内で飲んで真っ赤な顔して酒の匂いをプンプンさせた年配の人がゾロゾロ降りてきて、空港の女性職員に絡んだり、中にはロビーにレジャーシートを敷いて宴会を始めたりと。そんな光景を毎日のように見てきました。 そこまでマナーが悪いのは彼らぐらいで、かなり顰蹙を買っていたのは事実です。

2人がナイス!しています

1

まあ、こういうのは代わり番こです。 第一次大戦後のアメリカのバブルの時代には田舎者のアメリカ人が花の都のパリで恥をかく「パリのアメリカ人」という曲が作られています。 日本で海外旅行ブーム元年の頃、まだ庶民に手が出るのは団体旅行だけでした。 このとき、チケットが売れ残り勝ちなオフシーズンの平日出発のツアーを売るアイデアとして、農協に農家の団体旅行を催させるというアイデアが出てきたのです。 農家とサラリーマンでは繁忙期がずれてますからね。 ところで、町の人は赤の他人同士のマナーというものが身に付いていますが、村の人は知り合いにはものすごく気を使うものの知らない人には傍若無人ですから、そういう人たちのツアーは、まあ、旅の恥はかき捨てになったことでしょう。

1人がナイス!しています

1

日本人もマナーが??どこかのC国の旅行団と比べているのかな?田舎者、初国外旅行の部分では、背景は似てますけど、日本人特有の部分をお教えしましょうか。 バブル期とその前、初めて国外へ行く人、自営業の農家、魚関係の市場や漁民など、羽目を外してどえらかった。農協、漁協は儲けの中から積立をしてチャーター機で出発、300人からが国外に行き、御一行のやらかす事らは、ある国や地方では有名になったんです。 国外へ行くと、カメラを提げて、並んで行進するように歩く、急ぎ足で、パリ、ローマ、ロンドンを歩く日本人旅行者の姿は、60年代から目について不思議な連中だとよく言われた。私の父もそこ頃行ったことがあって写真が残っている。 高度成長期に入り、社員旅行で温泉地に行く習慣を持つ国、そういう体質の企業が沢山ある国ですからね、エスカレートして見せなくて良いものを持ち出すようになった。社員旅行は、はじめっからはだけてビール飲み続ける人、無礼講で姉ちゃんのケツ触る人、酔っ払って訳分からなくなる人。それを後で武者話として自慢し合えるような、一緒に立ちションして社員同士の絆を深める、仲良くなるような事を、台湾、香港、フィリピン、ハワイなどで行ったんですね。 以上、日本人の特徴で現代でも全然変わって無いです。数年前に、畏敬を受ける前タイ国王が伏せて最期の時を迎えていた、保養地ホワヒンで、合宿に行った日本人若者グループが、ビールと南国の雰囲気に浮かれて夜ノーパンツでビーチを走り、現地ガイドの制止を聞かず、応援歌を歌った。日本の体育会ならありそうな事ですけど、無神経すぎて翌日一面の記事になり、非常識の塊と現地人に非難された。 それって大人数で居ると、自分の意思を投げ出して、何でもしてしまう、日本人の癖です。何が良くて何が良く無いのか区別をしなくなってしまう。ノーキョー御一行と同じ、全然変わっていない。 この例以外にも、いっぱいあります、、、、以上、ご一考あれ。

1人がナイス!しています

2

昔のカンボジアのアンコールトムで農協ツアーの人達にあった。 「やっぱり観光地は物価が高いなぁ。ワハハ」と500mlのローカルミネラルウォーターに$10払ってた。当時のカンボジア大人の月収が$30。水が$10もするわけないやん。 日本人はいいカモなんだなぁ。と思いました。

2人がナイス!しています

1

海外旅行が解禁になった時に JALパック代表とする団体旅行が主力だった。 農民が優雅だったので農協が多かった。 「ホテルロビーでステテコ・腹巻姿で金髪碧眼女探しに行こうと騒いだ」「ブランド店にオバちゃんが行列した」などが面白く報道されたらしい。 後には売春旅行と言われたらしい。 中国人の海外旅行が自由化された時に爆買と報じられた。 風俗目当ては余り報じられない。 その時に親父や年寄りが我々と一緒だと言っていた。

1人がナイス!しています