仮想通貨に関して、今年に入り仮想通貨がバブルになりガチホしていればずっーと上がり続けていますがいつまで上がり続ける物なんでしょうかね

株と経済 | 外国為替、FX49閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

その他の回答(3件)

0

>いつかバブルは弾けるんでしょうか? そもそもバブルじゃないから。 他の回答にもあるように、バブルとは「その物の価値」以上に、値が付いていく事だから。 簡単に言えば、Aというモノに対して「このくらいの価値(値段)」という基準があって、その基準から大きく離れていく事。 暗号通貨には、その「基準となる価値(価格)」がない。 骨とう品や絵画と同じ。 で、暗号通貨取引はオークションと似たモノ。 「価値があると思う人=いくらでも買いたいと思う人」 そういう人が多ければ、価格は上がっていく。 逆に、 「そんなに価値はないと思う人=安くてもとにかく売りたいと思う人」 そういう人が多ければ、価格は下がっていく。 ビットコイン以外の通貨(アルトコイン)は、「プロジェクトやシステム利用に必要となる数に限りがあるモノ」。 これがアルトコインの価値の裏付けとなっている。 で、「プロジェクトやシステムに価値があると思う人→利用に必要となる暗号通貨を買う→暗号通貨の値が上がる」というのが基本的な本来の流れ。 いつまで上がり続けるかは、分からない。 前述したように、アルトコインは「プロジェクトやシステム利用に必要なモノ」だから、そのプロジェクトやシステムが広く利用されるようになれば、また一段階上がる。 理由は、発行枚数が有限であるから。 プロジェクトやシステムで利用・消費されていけば、数が減り希少性が増すから。 うまく利用されなければ、逆もあり得る。 必要となる暗号通貨の値が下がるという事。 プロジェクトやシステムでの利用という点は、今後の展開しだいになるので、予測は難しい。 各アルトコインによって、違ってくるため。 対して、ビットコイン(BTC)は「何者にも縛られない通貨」を名目にしている。 BTCの価値の裏付けは「ブロックチェーン技術」が基本だった。 「基本だった」と過去形なのは、BTC支持者達が「マイニングの電気代も価値の裏付けになる」と主張しだしたから。 BTCとアルトコイン、両者を比較すると「価値の裏付け」も「目的・名目」も違っている。 だから、暗号通貨全体を見て「これからは、こうなる!」とは断言できない。 暗号通貨1つ1つを見て、その1つ1つを予測する事はできると思うが。

0

バブルとはその物の価値以上に投資されて、泡のように膨れ上がる事をいいます。 仮想通貨をバブルだと言う人もいれば、今以上の価値があると言う人に分かれます。例えばビットコインは4000万ドルの価値があると言う人もいます。それが事実であれば、バブルではありませんよね。むしろお買い得になります。 支持派、反対派に分かれる新技術(ブロックチェーン技術)を利用した暗号通貨。 バブルなのかそうでないのか? それはまさに、支持派の意見が増えるか、反対派の意見が増えるかで大きく左右しますし、未来にならないとわからないと思います。現在は成長を続けているのは、否定もできない事実。この先はどうなるでしょう。

0

宝くじを購入し当選したとして、換金には期限があります。暗号通貨は認証PWを忘れない限り換金は出来ます(値幅はともかくとして)。ご自身が許容できる範囲で「ダメ元で儲かったらいいなぁ」と、思える範囲で投機し、気が向いた時にいま幾らになってるかを見るのを楽しみとされるには良いギャンブルです。また、これで一発証拠金取引でレバレッジをかけて大博打をしたいというニーズにも合っているのかもしれません。(追証とよばれる大損を背負う可能性はあります)。「現状としては」そういう投機商品の位置づけがまだ暫く続くと思っております。ただ将来的には、投資としてのテクニカル・ファンダメンタル両面でのトラックレコードが蓄積されるにつれ、安定さがやや加わった投資価値を生み出す可能性もなくはありません。端的な私的回答としては、投資ではなく投機とした上で「目減りしていいから夢をもちたい」とされるのであればその範囲で拠出し持ち続ける(長期保有)ことが最良だと思っています。私自身はそう思って少し持っています。