ID非公開

2021/5/3 14:08

55回答

腕時計 貴方が快適だと感じる 腕時計の厚みって最大何ミリでしょうか? 駆動方式やブランドは問いません。 私は 11以下が理想で、 14を超えたら不安定な気がします。。。

ベストアンサー

0
画像

その他の回答(4件)

0

厚さというより、重さ、材質、形状の方が快適性に影響します。 厚さが問題になるのは、例えば、既製品のドレスシャツを着たときに袖口に引っかかるとか、ボタンが留められなくなるということです。

0

もちろん、時計は薄ければ薄い程快適ですよ。 手持ちの最も薄いもので、厚さは6.9mmです。 厚い方は、ケースの形状やバランスや重心によるとは思いますが、9.7mmの時計も快適に感じます。 時計が気にならない限界は15.2mmです。 クロノグラフなのでどうしてもこの厚さになってしましますね。 中央部を凸にするなど工夫もあり、存在を感じないわけではありませんが、不快感はありません。

0

時計の外径、ケースのサイズとの相対的な兼ね合いになりますね。 ヴィンテージウォッチで、こぶりなモノなら、やっぱり、10mm以下です。 もっぱら、手巻きですね。 一方で、自動巻きで厚みが10mmでも、ケースデザイン(というか、裏蓋の形状の工夫)で、横からがパット見だと7mmくらいに見える(同じシリーズの手巻きモデルと同等くらい)モノは、ウットリしますね(よくよく見ると、裏蓋がポッコリだけど、まあ、上手く隠したな~です)。 一方で、今どきの大ぶりな時計や、いわゆるデカ厚の類なら、まあ、20mmを超えないなら、まあ十分にあり?!かも。 あくまでも相対的な話しですが、手元には、ラウンドケースで44mmで、12mmの厚みなモノがありますが、ケース経との相対比で、パット見は、かなり薄く見えから逆に不安に感じます (w 相対論ですが、ちょっとおもしろい感覚ですね。 大きけど、付けやすいですけ。 ケース経52mmで、厚みが最薄部で14mmも、相対的に薄く感じるけど、これは、ラグが変な形(ラグが裏蓋側に伸びてる感じ)で、ラグ周りに厚みを持たしたデザインで、結果、裏側にアールがあって、腕にフィットしやすい形になっていて、フィト感は良いです。 これも、大きいけど付けやすい。 ケースデザインの妙ですね。 経がデカいなら、分厚いも許容できるし、そこはバランスです。 とは言え、厚みが18mmくらいだと、本来は円盤な形状の時計が、なにか大きな塊が腕にある感じで円盤型とは感じないない、ケース経が47mmと大きめでも、この辺り、厚みが18mmくらいが、私の厚みの限界かも。 まあ、そんな塊、ボテッとしたのも嫌いじゃないです (w それと、ケース経がもっと大きめだと、バランスが取れるなら、18mm以上ももしかすると、許容できるかも。 まあ、その辺も、全体のバランスとデザインしだいですね。 もはや、狂気すら感じる、もうバランス云々じゃないなで「流石に、ちょっと無理」は、パネライのエジッチアーノなクラス (w でも、現物を見たこと無い写真だけ、付けたことが無いから偏見かもで、いざ付けてみたら、「ウホッ、良い時計」となるかも?!

0

時計の厚みは装着感を考える上で重要ですが、同じ厚みでもラグの形状や裏蓋の形状で大きく変わります。とくにラグが下に凸っている場合は厚みが気になりにくいです。 とは言え、ワイシャツ等厚みがあると袖と干渉する場合は薄さが必要になります。 個人的には13ミリくらいが限界です。