ADHDで会社に居づらくなりました。 退職して新しい道に進もうと考えています。 起業はハードルが高いでしょうか?

起業 | 企業と経営41閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ご回答ありがとうございました。 前向きに検討したいと思います。

お礼日時:5/9 22:49

その他の回答(3件)

2

ADHDは自営業が向いています。その発想自体は悪くないと思います。起業するだけならハードルは低いでしょう。 問題は、それを継続するだけの緻密な計画を立てて実行できるかどうかです。特に資金計画はしっかり立てておく必要があります。どういう初期投資が必要で、ランニングコストはどれくらいで、売り上げの目標はどれくらいで、その根拠は何で、利益率はどれくらいで、何か月目で黒字になり、初期投資を回収した上で毎月安定した生活費を得られるのは何か月後になるのか、その辺のシミュレーションをしておくのは最低限のこと。さらに、何らかの理由で計画が狂った場合にどうリカバリーするのか、どこで損切りをするのかというあたりまで考えておく必要があります。 起業して失敗するのは、だいたいこういう部分の見通しが甘いことに起因しています。「起業して絶対大丈夫」という確証が持てるまでは、今の会社で我慢するしかありません。二度とサラリーマンに戻らずに済むように、しっかり準備して臨んでください。

2人がナイス!しています