ID非公開

2021/5/3 23:21

22回答

単著(オーサー1人)で学術論文を執筆投稿し受理まで持っていくのってどのくらい大変ですか?

補足

説明不足でごめんなさい。 単著か否か、以外にも目指すジャーナルや内容次第で大変さが変わるのはおっしゃる通りと思います。 しかしここでの質問は、単著か否かという要因の、大変さへの影響はどの程度かということです。 論文の論理構成などについて指摘を貰う量が減ること、などなどの要因で大変さが異なるのかどうかについて意見をいただきたいです。 「どのくらい大変か」というアバウトな質問ですが、経験談や肌身で感じたことから、定性的な意見をいただきたいです。

物理学 | 化学31閲覧

ベストアンサー

0

以下、単なる個人的な感想です。 単著・共著ともにそれぞれメリットデメリットが あるように思います。 共著の場合、キャリアに圧倒的な差がある場合は ハッキリしていますが、同程度の人同士で 論文を書く場合は、話が合っているときは いいですが、意見の相違がある場合は なかなか調整が厄介です。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます。

お礼日時:5/10 0:11

その他の回答(1件)

0

あなたが学生なのかph.Dを持っているかはわかりませんが、corresponding authorとしての役目を果たせるのなら投稿先次第でしょう。 corresponding author何それ?というレベルでは投稿指導してくれる方がいないと大変ですよ。

ID非公開

質問者2021/5/4 0:30

ありがとうございます。 コレスポは普通に知ってますので、最後の文の意図がわかりませんでしたが。