日本の歩行者の交通事故が多いのは自民党の政治が間違っているからですよね? ____________ https://news.yahoo.co.jp/articles/70201d981969312ae00df621f75962059afa528e

政治、社会問題 | 交通事故31閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

1人が共感しています

ベストアンサー

0

その他の回答(3件)

1

その通りと思います。 自動車を売ることばかりを優先させて、 歩行者の安全を後回しにしてきた付けです。

1人がナイス!しています

0

日本は元々道路が狭かったが西洋文明の平坦地の 広い4頭立ての馬車道は無い、全てが小さく 住民はその地域から出ず行き来ないので 道も狭かった。 西洋文明の自動車が増加すると広い立派な道路が出来て その隅に旧来の国道や町道が残り生活道路となってるが そんな道を通勤で急ぐ自動車が大通り走る様なスピードで 走行している、これは歩行者をいずれ跳ねるので心配です。 環境も悪いが、狭い道を歩行者を邪魔扱いする走り方は醜い、 公平や堂々とした運転では無いですね、 外国では市街の狭い道と郊外の自動車道路走る時は 速度が全く違うそうです、ドライバーの意識が違うのでしょう。

1

外国に行くと道路には自転車専用の道路があります。 当然歩行者用も。 日本は山国で平らな土地が少ないので、道路が広げにくいというのが 一番の理由では?すべての道路に安全な歩道作れば、事故は減ると思います。 自民党は公共事業好きだから本当はやりたいと思いますよ。 田舎に行くと、誰も歩いていない道路にりっぱな歩道よく見かけます。

1人がナイス!しています