猫が家畜化されたのはネズミとりのためではない。かわいいから飼われただけという説がありますが、どう思いますか?

ネコ | ペット17閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。

お礼日時:5/9 17:24

その他の回答(2件)

2

どーなんでしょうね〜? そもそも、昔は人間もロクに食べれず、飢饉になれば大量に餓死するような環境で、金持ち以外、ペットなんて概念は薄かったんじゃないですかね…? 身近に居る動物は、何か役に立つ系…ネコの場合はネズミ取り。ネズミ害ってけっこう深刻だったと思いますし… そして、ネコも自分のエサは自分で取ってくるしかなく、ネズミが取れないネコは生き残り辛かったでしょうし… ただ、現代の特に飼い猫はネズミが取れなくても、毎日ご飯を食べられますし、ネズミ取れない=生きていけない。とはならないのでそういうのが希薄になってるのかな…?とは思います。。。 ただ、ウチのネコの1匹、親も外に出た事ない生粋の家ネコ?温室育ち?はネズミを捕まえるんですよね〜…食べませんけど、、、(^_^;) 野良出身のネコも居るんですが、こっちはネズミに怯えてる始末ですが、、、

2人がナイス!しています

1

古代中国から経典を輸入するとき、鼠の害から経典を守るため船内で飼われていた猫が港に着いたとき脱走して半野生化したのが日本のイエネコのルーツです。 尤も半世紀ほど前に拾ってきてアパートで大家に内緒で飼っていた猫はネズミゴキブリだらけだった我が部屋をわずか三日で完全退治してくれたものの、 四半世紀ほど前に我が自宅で飼っていた3頭のうち、毎日のように野鼠やムクドリの首を噛み切って持ち帰っていた一頭のほか2頭は、全然取ってきませんでした。普段マグロの血合いを素茹でにしてやっていたから鼠なんか食いたくなかったのかも(笑) 猫の個性によりますな。

1人がナイス!しています