正教会やカトリックは プロテスタント諸派を 「キリスト教ではない」としてますか。 (キリスト教とは認めてない)

宗教34閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さん有難うございました。

お礼日時:5/6 23:03

その他の回答(3件)

0

ローマ・カトリック教会では、プロテスタント諸派を「キリスト教ではない」などとはしていませんが。。。 ただ、プロテスタント諸派の「教会」は「ローマ・カトリック教会」の「教会」と同じものではないとはします。 ローマ・カトリック教会は、キリストから、12使徒、そして司教・司祭と歴代に渡って繋がっている教会です。これを「使徒継承性」といいます。 これは東方の正教会も同じ。 ところが、プロテスタント諸派は、ローマ・カトリック教会から「聖書」のみ持ち出し、その聖書をもとに新たに「教会」とする共同体を作り出した。この際、使徒継承性は途絶えている。 それらのプロテスタント諸派は、聖書の解釈が異なる者たちが現れると、さらに分裂して、新たに「教会」を作っている。 そういう意味でプロテスタントの「教会」は、ローマ・カトリック教会の定義する「教会」とは異なる「共同体」。。。ということなんです。 しかしながら、プロテスタント教会を「キリスト教」ではないとまではしていません。