試し斬りと居合道は別々のものですか? 同じで、居合道の中に試し斬りという武芸があるわけですか?

格闘技、武術全般 | 日本史32閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

いろいろと詳しく ありがとうございました!

お礼日時:5/12 4:44

その他の回答(4件)

0

試し切りは、死刑になった遺体をいくつか重ねて切ります。 なので、現在では行うことはありません。 合気道の試し切りは、畳表を丸めて、切ることです。 切る対象が全然違います。

0

空手にも、ボクシングにも 「パンチ(拳打)」はありますよね。 これは「打撃戦闘」を行う格闘術には どの武術・格闘技にも 「パンチ」に相当する技法があり それは、それぞれで多少の差はありますが 「人の拳で打撃攻撃する」と言う点では どの流派・格闘術でも同じような用法になるでしょう。 「試し切り」はそれと同じで 「刀剣」を使用する武芸・武術には どの流派・剣術法でも それぞれにおける「試し切り」が存在します。 つまり、江戸時代までは 日本中にはいくつもの 「剣術」の流派があり そこには真剣を帯刀した 武士が技を稽古していた訳です。 その当時には 当然、どの剣術流派でも 「試し切り」は行われる事があったはずです。 しかし、現代では 多くの剣道修練者は「竹刀」しか使わないので 彼等には「試し切り」をする機会も 必要性もなくなった事で そうした練習はしなくなっていったと言う事でしょう。 しかし「居合道」だけは その術の中心が「抜刀術」である事で 時に「真剣」を使った技を現代でも行う事があり その結果として 今の日本では実際の真剣での「試し切り」は 「居合道」以外では通常は行われなくなった ・・・と言う事です。 (もちろん例外はあり、 個人レベルで独自に行われる 「試し切り」は今でも居合とは 無関係にやっている方はいます)

でも刀身の刃が保ちますか?いくら試し斬り用でもタテのヒケがたくさんできるだろうし、刃はギザギザになってきますよね? あまり研いでいると、焼き部分がなくなったりするんですか? 自分で刃先を研ぐと、刃文は殆ど無くなりますよね?

0

真剣を扱う剣術流派の中に、 抜刀術(居合道)をメインにする流派と、 斬撃(試し切り)・型をメインにする流派とがあります。 居合道でも、抜き打ちで「竹や巻き藁」を斬る事もありますよ(^^)/

0

居合道は、言い換えれば抜刀術です。そして試し切りは、抜刀術の技術を使って行うものです。 つまり試し切りは武芸ではなく、武芸の技術を使って行う作業のひとつです。