PILOTのkakunoとCOCOONについて教えて下さい。 普段はLAMYやTWSBIを使っています。

文房具54閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

0

アドバイス有難うございます。 ご指摘の通り、先日知恵袋にインクフローの件で質問させて頂いたものです。その節は皆さんにアドバイス頂き、本当に助かりました。 いまは色彩雫のインクを新たに購入し、問題なく使えるようになりました。 そこで、せっかく色が気に入って購入したペリカンのロイヤルブルーを何かの万年筆に入れたいというところからこの質問となりました。 もう1本、TWSBIやLAMYを買っても良いのですが、それもインクフローで駄目だったらと思うと、安定した品質で評判の良い国産のスタンダードモデルなら大丈夫かなという気持ちで探している中でPILOTが候補に上がったんです。 preppyに比べてkakunoはインク乾きやすいとのことですが、PRERAの色彩逢いはどうでしょうか。スケルトンのキャップ部分にプラチナのようなスリップシールっぽいのが付いているように見えるのですが。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

色々とアドバイス有難うございました。 結局あのあと、色々とありまして、AhabのクリアボディをAmazonで購入してしまいました。心配していた匂いは想定内ではあったものの、噂通りでなかなかの強敵、しばらくは硫黄の温泉で戦い続けます。 しかし、書き味はやはりフレックスニブは楽しく、こんな臭いを持ってしても人気のモデルの理由が感じられました。 ペリカンのロイヤルブルーも問題なくヌラヌラ書けています。

お礼日時:5/9 23:04

その他の回答(1件)

0

カクノとコクーンは同じ鉄ニブで、違いは本体軸です。カクノは3000円のコクーンと同じ性能のニブを搭載しているので、コストパフォーマンスが良いことになります。エントリーレベルの万年筆ながら、かなり使い込んでいる人にも評価の高い書き味だと思います。

kakunoとCOCOONはニブは一緒なんですね。 それならkakunoはお得な気がしますね。 試しにkakunoを買ってみようかなぁ。 私はスケルトン好きなので、kakuno試してみようかという気になってきました。 しかし、50過ぎのおじさんが、テヘペロのニブはちょっと恥ずかしいかもしれません。人に見られないように気をつけながら使用することになりそうです。 そうなると、同じニブならちょっと頑張ってCOCOONにしたほうが良いのか・・・。 悩ましいところですね。