NikonのD5600とSB700を最近購入したカメラ初心者なのですが、SB700をリモートで使いたいのですがD5600はマスターにすることができない?らしくどうやるのか方法がわかりません。

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

回答ありがとうございました。参考にしてやってみます!

お礼日時:5/9 17:17

その他の回答(4件)

0

わかりにくい理由が説明されてないですね。 一般的な汎用ストロボライティングの歴史と、ニコンのワイヤレスライティングの話を混ぜるから、わかりにくくなるのです。 1)単純なシンクロ 旧式と思われるものになるかと思います。 発光のタイミングだけが揃います。 カメラ側で光量をコントロールすることができません。 有線の場合、シンクロターミナルとかシンクロケーブルを利用します。 これを単純なワイヤレスにする場合、ストロボの瞬間光に反応して連動する。という本当にかんたんな仕組みで動作するシンクロ方法があります。 ニコンのスピードライト(SB-700など)で、SU-4モードというのがこれに相当します。周りの瞬間光に連動して、スピードライト(マニュアル光量制御)が光るという状態にできます。 雷光や蛍光灯の瞬き(スイッチ入れたとき)などにも反応するぐらい、本当に単純な仕組みです。 2)有線で、カメラから光量コントロール ニコンだと、SC-28とかSC-29などのオフカメラケーブルと呼ばれるものを利用します。カメラのファインダー上にあるホットシューにオフカメラケーブルを取り付けて、カメラから離れたところに、SB-700を設置することができます。光量制御は、カメラのTTLに従います。有線ですが、確実に発光することと、カメラマンから届くところにしか設置しない場合は、大変有利なセット方法になります。 ホットシューの接点、ケーブルを通る信号が、カメラメーカー独自なので、キヤノン用、ソニー用、ニコン用など、メーカーに合わせる必要があります。基本的に混在できません。 3)無線で、カメラから光量コントロール ニコンの場合、CLS(クリエイティブ・ライティング・システム)という独自方式で制御されます。 カメラ本体がコマンダー機能を持っているとか、そういう話は、このCLSの有無だと思ってください。 D5600には、CLSのコマンダー機能はありません。 ですが、光量コントロールのTTL制御そのものは持っています。よって、アマゾンなどで安価な中華製品の、ラジオスレーブというものを用意した場合、2)で説明した有線のオフカメラケーブルを、ワイヤレスにすることは可能です。 ニコン純正CLSの場合 チャネル・グループ制御という発想でコントロールができます。複数のスピードライトを同時発光できて、その発光制御でグループごとに光量を調整kでいるという機能が使えるので、右から強く左から弱いとかで、印象的なライティングを構築できたりします。 Amazon中華の場合でも、グループ制御とかは可能です。 商品によってできることが違ったり、他人と混信しないことが主眼だったり、作品への目的によって考えることやメリットデメリットが違うので、一概に良い悪いが論じにくいものとなります。(購入前に、国内の電波法対応だけは確認しておきたいところです)

0

D5600の内蔵フラッシュの設定をマニュアルにして、SB-700の設定をSU-4モードにすればリモートで発光させる事は出来ます。ただし、光量の設定が初心者では難しいと思われます。 なので、もう一本SB-700を買うか、SU-800を買うかだと思います。

0

ストロボ説明書[D-8(ページ)]に従って、通称”スレーブ(従う)モード”にして下さい。参考[D-22] D5600の内蔵ストロボ光がSB-700の受光部に当たると同時にSB-700が光ります。取説d-22にある通り、ストロボ受光部に予め強い光が当たっている時には反応しないことがあります。 「D5600の光」を識別しているわけではなく、「周囲より強い光」に反応しているだけなので、暗い場所では少し離れた場所で他者がストロボを使っていても反応して光ることもあります。

0

カメラのストロボを発光させてスレーブ発光で可能ですよ。 SB700のスレーブ受光部をカメラの発光が受光出来る様にセットして下さい。 そしてSB700をスレーブ発光用にセットして下さい。