5歳児のピアノの自宅練習と進度について

ベストアンサー

0

なるほどですね! 心当たりがあります。 図星です。。 次女はまだ自分からは練習を始めないので私が声かけをするようにしています。 次女は「見てて!」というので、練習にも付き合っていました。 そうしてると、つい、口を出してしまっていました(^◇^;) 次女的にはさせられてる感があったのかもしれません。 しかも、ちょうど、前回のレッスンの時先生に、自宅では譜読みできていますか?と確認されました。 先生に相談して、自宅練習は復習中心に切り替えられるよう、先生にレッスンを調整してもらおうと思います!

ThanksImg質問者からのお礼コメント

先生に相談して自宅では復習メインにきりかえることにしました! 結果イヤイヤが少し和らいだ気がします。 回答頂いた皆さんありがとうございました!

お礼日時:5/10 6:25

その他の回答(3件)

0

予習ってのは珍しいのではないでしょうか!? うちの先生だとテキストも前から順に進むわけではないので、次はこの曲を片手ずつ弾いてきてね、とか、途中までを仕上げてきてね、みたいに宿題にしてもらって次週に見せに行くってかんじで進めています うちの上の子(要領わるいが毎日の練習は嫌がらないタイプ)が、年中からはじめて今3年目でオルガンピアノ3ですので(いつもテキストを3〜4冊並行してます)進度は決して遅くないと思います (私自身も4才からヤマハでしたが、家ではほとんど練習しなかったし、進みももっと遅かったと思います) 親子で練習するとうまくいかないところ(つい口出ししてしまい険悪に…)も先生はうまく導いてくれますし、曲のチョイスや宿題の量がいつも絶妙!!なので、やっぱり先生にお任せするのがいちばんと私は思ってます

0

5歳で練習なんて、ご立派だと思いますよ。 私はほとんどお遊び弾きばかりで、練習らしい練習はもちろん、テキストすら開きませんでした。 だって、出来ないことを練習するのって辛いじゃないですか。楽しくないでしょ。それでも頑張れる子もいますけど、殆どは「楽しくない!」ってなるんじゃないでしょうか。 お子さんが練習が嫌になったのも、それだけ難しいものに挑戦できるようになり、それが難しいものだと自覚できるくらいに「成長した」からで、おそらく、そのイヤイヤ期はこの先長く続いたり、浮き沈みが激しかったりするでしょう。 でも仕方ないんです。 成長しようと思ったら、楽しいだけでは足りないこともある世界なので。 なので「練習いや!」ってなるのは仕方ないんですよ。 大切なのは、その時どう工夫するか。 いかに上手にやる気のスイッチを入れてあげるかです。 欲に正直で、遊び盛りのそのお歳の子に 、練習の必要性を説いてしっかり練習させるのは大変困難だったりします。 こればかりはお子さんの性格ですが、「練習しなさい」だけでは、逆効果の場合もあります。 まずは、毎日ピアノに向かう習慣をつけることを目標にされては。 弾く内容にうるさくいわず、好きに弾かせて遊ばせる。 レッスンは日々の練習をより良いものにしたり、アドバイスを貰う時間ですが、まだ練習の意義を見い出せない小さい子は、ひとまずピアノに対してマイナスなイメージを持たせないようにすることを最優先していいのではと個人的には思います。 先生に家での様子をご相談しつつ、まずは「楽しい」ピアノ遊びや、お子さんの憧れ心を刺激するような生演奏を見せたりして、「ピアノ弾いてみようかな」と思えるように工夫されてみてください。

0

子供によるんですが、予習できる子は優秀な方だと思います。大半は復習型ですね。 進度は早くも遅くもないと思います。