ID非公開

2021/5/5 21:41

66回答

ソニーの塗り絵画質は今も健在ですか。

1人が共感しています

ベストアンサー

5

5人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/5/5 23:31

ニコンもD70の頃はエッジ処理がガチガチだったそうです。

その他の回答(5件)

0

星喰い現象は今でも発生しますが以前よりもだいぶうまく制御されるようになっています。 また、RAW段階でのノイズリダクションは現在はほとんどのメーカーが採用する技術ですから、珍しい技術ではなくなりましたし、星喰い現象もほかのメーカーでも発生します。 塗り絵画質という判断が適切かどうかについては、賛否両論でしょうね。個人的には撮影設定にかなり左右された印象を持っていますので、塗り絵画質とはそもそも思っていません。

0

>購買層に受ける画質にしていた という事であれば どのメーカーも「うけ狙い」なのは同じ。 「モノ申す!」というユーザーを囲ってきたメーカーに 飼いならされてる?とも言えるかも。 ベテランも 昔のフィルム時代に「これからカメラを始める初心者」 だった人もいれば デジタル映像時代に入ってから「これからカメラを始める初心者」 であり今に至る人もいる。 フィルムのメーカー変えて撮れば、写りも変わった! 好みのフィルムを使ってた! のが フィルムメーカーが、 デジカメでカメラメーカーになっただけ。 各社に「同じもの」を求めず好みで選ぶだけでは? 同じようなもの、と思われがちな事でいえば 「デジカメ」が「コンビニ」でもそれぞれ得意とする特徴を押し 違いがあるのでは? 求めるものがどこにあるかで評価も変わる。

1

かつてよりかなりマシになりましたが、 まだ塗り絵や星が消える現象は健在です。 近年のソニーセンサーはセンサー内部で アナログ段階及びデジタル段階の両方でで複数の非可逆的な ノイズリダクションが実施されています。 ただ以前よりかなり上手くなっているような印象で 一般的な被写体では比較的良好な結果を残すようになっています。 ただ天体など特定分野では欠点が諸に露呈することもあり、 そういった分野では嫌われる傾向があります。

1人がナイス!しています

3

スターイーターは健在ですよ。 せめてオプションでノイズリダクションを切れるようにして欲しいという要望を天体の大御所の人達がしつこく要望したみたいですが、聞く耳持たず。DxOなどのベンチマーク対策以外、誰得な仕様は今更切れないです。 Eマウントといい、この件といい、一度嘘つくと嘘をつき続けないといけないと言うのは小学校で学びました。

3人がナイス!しています