太陽光と風力発電は発電が不安定だから、そればかりでは実用に耐えないですか?

自然エネルギー | エネルギー政策15閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

詳しく教えていただき、みなさん、ありがとうございました!

お礼日時:5/12 11:15

その他の回答(3件)

0

太陽光と風力を両方設置しており、一部バイオマスを併用しておりますが、そればかりで実用に十分に耐え得るのであります。 太陽光発電を例にすると、晴天の昼間は発電量が有り余って無駄に成るので、既存電力会社や【小売新電力会社】に売るのであり、一般家庭では設置工事費用込みで80〜160万円の安く成った【蓄電池】を設置すれば、夜間や曇天時等に利用出来るのであります。 更に、天候や時間帯に関係し無い風力発電を併設すれば、【蓄電池】も要らない可能性も有り、太陽光と風力だけで【自給自足】の電力需要が十分に可能なのであります。 何れに致しましても、太陽光発電に風力発電を組み合わせれば、既存電力会社とは絶縁出来るのであり、初期投資は必要でありますが電気代はタダに成るので、10年もし無い内に投資の回収が可能なのであります。

画像
0

耐えないです。スペインやドイツでは、調整用に火力を利用しています。

0

普通に電力足りないね それで足りている国は一つもないからね