その他の回答(4件)

0

長い歴史を通じて人が向かっていってる方向がありますが、神という概念は、その途中段階ででてきたもので、だんだん人間の次元が上がっていくにつれ神にたいする概念もより本質に近づいていっています。だから、既存の神観を持ってた人からは、なくなってきた、変わってきたように見えると思います。

0

ID非公開

2021/5/6 9:26

… 「時代遅れの仮説になりつつある進化論」… 進化論は現在まで、神の創造説に反対する唯物論的な代表 的見解として多くの科学者によって支持されてきました。 しかし現代では、これまで進化論の正当性を示すとされて きたさまざまな根拠が覆されるようになり、進化論は時代 遅れの一つの仮説として位置づけされようとしています。 ダーウィンの唱えた進化論は、学会の中ではすでに過去の 遺物になっていますが、その後に考え出され、現在主流に なっている進化論も正当性を主張する根拠を失って衰退し 反対に「創造論」が優位になろうとしています。 ※ … 一般の人々には、多くの宗教上の間違った点 が見えることも有って、神様を信じたくないと思っ ているかも知れません。しかし、有能な科学者の多 くは、神様の存在を信じる方に向っている様です。

0

無くなりはしない。神は様々なものを簡略的に言い換えている言葉なので、これからも便利に使われます。宗教者にとってはなくてはならぬものですから。

0

神道です。 今はこんな時代なので神社に来られる方々は増えてはいます。 世の中が混沌としてくると神頼みしに来られる感じです。 今の物質思考の時代、神仏信仰は難しいです。 しかし無くなりはしません。 少ないですが、心から信じて信仰する方々もいます。 信仰すれば救われる事を本能的に知っている方々です。