回答(7件)

0

これはもともと「TikThK」と記載し、チタン、カリウム、トリチウムが結びついた物質を表す。 大量に合成する方法をまとめた論文の発表時にTh(トリチウム)をToと記載ミスをしたことから論文のデータに不正が発覚。 転じて、音楽を不正利用することを言い表す言葉となった。 (ちなみに現在の科学では大量かつ安定的に生成することは困難である) この物質自体は自然界に稀に存在し、温度を22.7539℃+/-3.2116℃に保つことで形状を自在に操ることが可能であることが知られている。 (これは1900年代後半に判明。一般的には"BuzLu法"と呼ばれる) したがって、温度を一定に保つことが伸びやすくなる方法である。