福島原発の処理水にこんなに批判が多いというのは、普通の原発から出てくる処理水と、福島原発から出てくる処理水は、

原子力災害 | 原子力75閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

大変詳しく教えていただき、ありがとうございます!みなさん、ありがとうございました!

お礼日時:5/13 22:10

その他の回答(10件)

1

川の水なら飲めるけど、下水処理場の処理水は飲めませんって話してるんですよ。 実は下水処理場の高度処理水の方が川の水よりキレイだったりするんだけどね。 騒いでいるのはほとんど「お気持ちの問題」なんです。

1人がナイス!しています

0

普通の軽水炉型原発から放出されているトリチウム含有排水はただの排水、処理水では有りません。二次冷却水を復水器にて冷却する際に使用される主に海水、復水器に投入する前に脱塩等の処理をしているだけ。 当然復水器を冷却する水は原子炉等から出る中性子を取込み三重水素(トリチウム)が含まれます。それを排出しているだけ。 福島第一原発は事故原発、炉心溶融した為、様々な核種が含まれています。 その為にALPS(多核種除去設備)で除染しています。現状では除染しきれていないので、タンクに保管しています。

核種というのがストロンチウムとかセシウムと呼ばれる物質のことですか?なんで炉心溶融するとそうなるんでしょう?普通の原発の冷却水とどう違うんでしょうか?

3

同じなのですがそれを知らない人が多いようです。 海のそばにある原子力の施設は海に処理水を流すことを前提に作られていて過去数十年間世界の発電所から同じような水が海に流されています。何も問題は起きていません。

3人がナイス!しています