ID非公開

2021/5/7 17:35

55回答

壇ノ浦で敗北を確信した平家の平時子、平徳子、安徳天皇らは入水自殺したらしいが、何で三種の神器も一緒に道連れにしたんでしょうか?

日本史 | 歴史54閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/5/10 13:38

回答ありがとうございます。 結局は日本の皇統より平家一門の大義や名誉を優先させたって事だったのでしょうか? だとすればとんでもない国賊一族って事になると思うのですが、歴史上そんなに悪い評価されてないように思います。 他の要因もあるのでしょうけど。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:5/12 9:14

その他の回答(4件)

1

源義経が、政治的センスゼロの愚か者だったからです。 平家側は、神器を交渉材料に使って、 安徳天皇の退位後の身柄保証と、平家一門の助命のための、 外交交渉をするつもりで、頼朝も後白河もそのつもりだったのに、 義経が勝手にどんどん攻め込んでいったから、 交渉のチャンスが無くなってしまったのです。

1人がナイス!しています

1

三種の神器が揃わねば、安徳帝に替わる天皇が立てられないので、 源氏に対し「一矢報いる」には、それしかありませんでした(>_<) 国の宝よりも「平家の面子」を優先した形になります。

1人がナイス!しています

2

日本の宝かどうかなんて誰がわかるのか? そもそも三種の神器なんて 誰も見ることはできないことになっているんですよ 三種の神器には 物質的な価値なんてなくてもいいんです。 これが三種の神器である! と、天皇から次代の天皇へと受け継がれることで皇位の継承が正当に行われたことを担保するもの たとえばガラクタ もっと言えば、中身が空っぽであってもこの 受け継がれる ということが何より重要 で、平家に国家観とか尊王の思いが皆無なのか? という質問ですが この時点で2人の天皇が存在していたことをご存知ですか? 同時に2人の天皇が存在した って南北朝の時代だけの例外! て思っている人が多いですが 実はこの時代の前例があったからこそ 起きえたこと 三種の神器の継承によって皇位が正当、正統に継承される という三種の神器の唯一無二の価値が否定されていたんです。 後白河法皇、朝廷の都合で その価値を否定された三種の神器を道連れにしようとした平家だけ否定するってどうなんでしょうね? 院政というのは絶対的権力者、専制君主となった治天の君が 倫理観、道徳感を喪失して 天皇だとか三種の神器の価値なんてなくしてしまっていったんです。 それで武士に権力の座を奪われた などとも言われます。

2人がナイス!しています

0

気分しだいでコロコロ天皇を代えてきた皇室朝廷へのレジスタンスですよ。武士階級の意地ですね。