回答受付が終了しました

田舎に300坪ほどの土地を購入して、センスのよい小屋を建てたいとおもってます。

回答(7件)

0

今の日本で300坪のまとまった土地を購入できる場所って、相当な田舎になると思いますよ まずは電気や水道が通ってるかどうか調べるような場所になってしまうのではないでしょうか 私より調べてると思いますので詳しくは書きませんが 車で30分内で自然に触れ合えるような場所に家を購入するほうが良いのでは

1

北海道です。 駅まで徒歩5分 高速道路開通 徒歩圏内にスーパーあり 浜で釣りができて 裏山に上るとハイキング自由 という環境で、中古物件 築20年新築そっくりさん改修済み 5LDK 駐車スペース4台 裏に花壇少々 土地付きで 600万くらいです。 改修してない物件なら、自分で好きにできる代わり1000万は覚悟したほうがいいです。車1台確保して、好きなところに行けたほうが楽しいですね。

1人がナイス!しています

1

私は農家育ちの老建築家で殆どセミリタイアの状態です。土地と家は親からの相続でお金はかかっていません。土地は田んぼの真ん中で250坪程あります。特に景色は良くありませんが、家の南は川と土手、田んぼや畑で隣の家は1Km程度先ですし、西側には低い山があり緑が一杯です。家は古い日本式の瓦葺きの家でしたが、阪神大震災での被害が大きく、それまで設計事務所の、自営で1億円あまりありましたから、当然自分の設計で好きな間取りで、大好きなオーブンカーを入れるガレージハウスとし、子供3人の家族で仮に12人でも、一緒に調理や食事や、お泊りが出来る広さにすると100坪を、超えました。更に敷地内に18坪の事務所も建てましたから、当然家賃は要りませんし、家も一括払いでローンもありません。 東京の従兄弟が車で3 時間程度の別荘を、買いましたが最初はともかく管理や掃除などにこまり殆ど行かなくなって売りましたが、買ったのがバブルの時で損失は5000万円程度だった、と聞いたので、幾ら余裕があっても、自宅で別荘気分を味わえる設計にしました。お風呂は透明ガラスですし、18帖のベランダだけでなく、周りから見えない中にら形式に後から手造りしましたが、ウッドデッキにピザ窯や燻製台。煉瓦囲炉裏なども作りしています。 幾ら参考になる図面が、あってもどれも使えません。 拘りのある家は優れた建築家と出合えれば80%は成功と言われます。 ハウスメーカー等にも建築士は多くは打合せは素人の営業の人と打合せで、建築士に会えても、その会社の構造で仕様で、住めれば良いだけでの設計しか出来ないかも知れません。 工務店にも設計の出来る建築士がいる場合も有りますが、優れた発想の人は少なく、工事がしやすく安く上がる設計になりがちです。 まず、建築設計事務所を探し好みの素敵な建築家選びから初めて下さい。土地は不動産屋にお願いしますが、設計者を先に決めれば、候補の土地を見たり調査もして、建築の許可が降りるのか、その地により、条例や制限水道や排水等まで調べて貰えますから。買ってから後悔する事は有りません。同じ300坪でも縦横比や斜めにより上手く計画出来るかの検討も事前にすべきです。 斜めの土地は安いてますが、使いにくいですが、自営の建築家等では悪い条件を発想を変えて、むしろカッコよく使いやすいデザインに出来たりします。 余り知られて居ませんが、ハウスメーカーや工務店の設計者では出来ない自由な発想で素敵な家が作れる建築家は自分で事務所を持ちますし、その人に学びたい若い人がいる小さな設計事務所がお勧めです。建築予定地付近でネット等で探してメールで問い合わせて、会ってみて探して下さい。 ちなみに家は重量鉄骨造で5,4m単位で厚い鉄板の角パイプで柱を建て、18帖単位の部屋にして間仕切等は鉄骨に留めた木柱で外壁はタイル中はボードや板張りなど木造とおなじです。 2階の床はコンクリートですから壁も柱も上下関係なく自由に出来ます。階段の有効幅は手摺別で1mは取るなど自由自在で吹抜けや大空間も可能です。 何十年か先のリフォームでは鉄骨の柱さえ残せば、間取は全面的に変更できます。

画像

1人がナイス!しています

0

建てるのはいいが、その場所(土地)の上下水道や電気の配線なんかは考えておかないとね。 下水道が無ければ浄化槽を地中に設置しなきゃならないし、浄化槽は年に何度かの法定点検を受けなきゃならない。 だから、それらが全て揃ってる中古物件を探し、リノベした方が賢いと思う。まぁ、夏場は雑草と虫との戦いになるけどね。

0

見に行かないと景色が確認できません。頃合いの値段の土地を見付けたらせっせと足を運ぶ必要がありますけど、私は見付けましたよ。 都市計画区域外に存在する山林でした。 業者さんいわく「これほど風光明媚な場所は滅多にありませんし、家を建てるのも畑に変えるのも自由です。建物が無いうちは固定資産税を払う必要が無い大変お得な物件です」 山々の景色が気に入って即金で購入したのですが、説明通り、固定資産税の請求はありませんでした。後年になって知ったのですが、課税標準額30万円以下の土地や新築時評価20万円以下の建物は非課税と制度で決まっているのだそうで、単に評価が低いだけでお買い得でも何でも無かったのです。 いま、そこに家を建てて住んでいます。平屋ですが、3階建て建物の既存図面を流用したでかい基礎、柱150mm角、梁背450mmの頑丈な作りです。仕事の合間のDIYなので4年近く掛かりました。