万有引力といいますが、地球に引力があることは物が下に落ちることから、簡単に観測できますが、葉っぱや石ころ、

物理学 | 天文、宇宙102閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

1人が共感しています

ベストアンサー

0
画像

ThanksImg質問者からのお礼コメント

万有引力を計る装置があるのですね。 勉強になります^^

お礼日時:5/15 8:28

その他の回答(4件)

1

ニュートンが「引力は物の量に比例する」と主張したことを18世紀末にキャベンディッシュが鉛の玉同士が引き付け合う力を測定したと言われています。しかし、キャベンディッシュの実験で使われた鉛は反磁性体であることが19世紀半ばにファラデーが発見します。鉛同士を近づけると反発するのです。電磁気力は引力の10^38倍強い力です。これだけ差があると引力だけを測定することは不可能です。したがって、質量が引力を生むということはまだ観測されていません。 >万有引力とはすべてのモノが引力を持っているということですよね? 違います。

1人がナイス!しています

0

地球の引力が働いているから、万有引力には「質量が大きければ大きいほど、引力も強くなる」という法則があります。 そして地球上で質量が大きいモノ(重たいモノ)といえば、当然ながら「地球」です。 葉っぱや石ころ、動物や鳥なんかよりも、圧倒的に超重たいです。圧倒的な引力で、全てのモノを引っぱっています。地球上にいる限り、地球以外の引力を実感することはほとんど不可能です。 しかし、空気がある世界では、より軽く、より柔らかく、表面積が大きいモノが遅く落下します。 葉っぱがゆっくり落ちていくのがそれです。

0

地球の周りを月が回っている事から質量が引力の元とニュートンは考えたと言う事でしょう。

0

葉っぱが地面に落ちるでしょ。 万有引力。 葉っぱに引力がなかったら葉っぱは地面に落ちないんですよ。