太平洋戦争時に日本海軍は予備士官や特務士官を、兵学出の正規士官と区別して下に見ていたましたが、

ミリタリー | 日本史38閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

1人が共感しています

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

その他の回答(4件)

1

これは海軍が正式な制度として正規の士官>予備士官>特務士官 と定めた、というよりも個人の資質、性格による部分も大きかったと聞きます。 様々な戦記、手記を読むと海軍兵学校、機関学校等を出た士官は特に下士官兵から昇進した特務士官に対してかなり差別的な態度を取る者は珍しく無かったようです。 前線の基地で、士官だけで敵情分析の会議をやってるさなか、兵学校出の士官か「敵来襲の可能性は無い」とした事に異論がある特務士官が「情報から考えると危険。直ちに迎撃の準備をすべきでは」と意見具申したところ「特務士官の分際で意見など片腹痛いわ!わきまえろ!」と大声で罵倒された、という証言を読んだ事があります(結果として特務士官の意見が正しいかったそうですが)。 「海軍三校」と呼ばれた海軍兵学校、海軍機関学校、海軍経理学校の士官の間でも「兵学校>機関学校・経理学校」であったと言われますし、同じ士官でも海軍三校出>予備士官>特務士官 だったと言われます。重ねて申しますが、制度として正式に定められていたという意味ではなく、現実的な雰囲気としてです。 駆逐艦などスペースに余裕の無い艦艇は別ですが、戦艦や巡洋艦、空母などの大型艦は士官室も区分けされていました。中でも、若手士官の部屋である次室士官室が「一次士官室」「二次士官室」と分けられ、海軍三校出と大学出の士官は一次士官室、下士官兵上がりの特務士官は二次士官室になっていました。 日本海軍の人事制度は元々の意味はちゃんとしているのに年数が経つにつれてその意味が薄れ、弊害ばかり目立つようになったものが幾つも見られます。 海軍兵学校卒業時の成績(ハンモック・ナンバーと呼ばれます)をずっと引きずり、艦隊司令クラスになってまでそれで序列が決まっていたとか。 例えば、空母機動部隊が作戦中に艦隊司令が戦死し、指揮権を引き継ぐのに航空戦には素人の水雷戦隊司令と空母戦の経験のある指揮官と両方いるのに、ハンモックナンバーが上だから水雷戦隊司令官が次席指揮官として空母機動部隊の指揮を取る事になるとか。 あるいは、「軍令承行令」というルール。指揮官が戦死した場合などにどの順序で指揮を引き継ぐのか定めたものです。 それによると最優先は兵学校出。ついで同階級の予備士官。その次が機関科士官。主計士官、軍医や技術士官には基本的に指揮権はない。 ハンモック・ナンバーも軍令承行令も激戦の中でモタモタと誰に指揮権を引き継ぐか?なんて悠長な事をやってられない、という事が本来の意味です。艦長と副長が戦死したのに次に階級が高いのは機関長だから、と敵と激しく撃ち合ってるさなか機関長に指揮権を渡すより、砲術長や水雷長などが引き継ぐ方が現実的です。 ところが、本来の意味を飛び越えて「兵学校出は機関学校出より上」「特務士官は士官とは扱えない」的な妙な空気を作る事になったのが現実だったそうです。 アメリカ海軍はこの点極めて合理的で、階級にかかわらずある作戦限定で指揮官を決めたり(空母戦に詳しい少将を他に砲術、水雷専門の中将がいても空母機動部隊の司令官にするとか)、予備士官と兵学校出の差は全く無いとか。

1人がナイス!しています

0

阿川弘之が予備士官で「spare」と言われた事は本に書いて有ります。

0

大戦中盤迄の予備士官なら数も少ないし 下に見られることなんて無かったし 学徒士官が大量に動員されてからも せいぜい 歴戦の下士官パイロットが 予備士官を軽く見た人が居た程度で 陸戦隊なんかでは逆に 予備士官は 館山の砲術学校で 陸戦教育を受けてるので 頼りにされてました。 下士官兵から叩き上げた特務士官に対しては 神様扱いで 下になんか見られる訳がありません。

1

予備士官は軍隊経験なしなため下に見られるでしょう。また特務士官は下士官からの昇進なので下に見られることはあるはずないでしょう。階級章が正規士官とはがいますからね。

1人がナイス!しています