「長篠の合戦で、馬防柵の前を泥田にして、 狭いあぜ道を縦列になって進む武田軍を 織田側が狙撃しまくった」という記述を

日本史21閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ありがとうございます。良くわかりました、 この質問をした後、思い出したのは 馬で田圃を駆けまわると簡単に蹄鉄が 抜けてしまうと言うことです。 抜け落ちて田圃の泥に埋まった蹄鉄を 馬の足跡の穴を泥んこになって手探りで探し 回収するのが、ど田舎の大学馬術部一回生のお仕事でした。 日本で江戸時代に蹄鉄が普及しなかったのは こんなことが原因かもしれないと思った次第です。