どうやって荘園ができたんですか?

日本史16閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(2件)

0

天平15年(743)に墾田永世私財法が制定されます。これにより墾田(開発田・再開発田)の私有が認められました(以前は公地公民制で土地は基本的に公有)。以前から大規模地の占有を行っていた大寺院や貴族は公民浪人等の労働力を使って墾田を盛んにし私有地としました。これを荘園として所有管理することになります。これを歴史用語で自墾地系荘園(初期荘園)といいます。荘園領主(所有者)は徴税権(本来は国司)を委託されて、納税の義務がありました。9世紀には天皇家も勅旨田等の経営を行いました。しかし、労働力等の問題から荘園経営は行き詰まり放棄されるようになります。 10世紀に入ると、富農等が自己の治田を開発するようになります。従来の国司は徴税請負人として徴税額の自由裁量権があったため、苛税を課す者が出現し;税負担者である負名は苛税に苦しむことになります。治田を開発した負名は課税から逃れるために中央の有力者を土地名義人になってもらい、不輸権(徴税免除)を獲得しようとします。この中央の有力者を土地名義人として名義料を払う行為を寄進といいます。名義料は従来の徴税額より低く設定されており、寄進者にもメリットがあったのです。これにより成立した荘園を歴史用語で寄進地系荘園といいます。荘園名義人である中央の有力者は不輸権とさらに不入権(国司立入り禁止)を確実にするため、上位の有力者に再寄進をします。こうして最初の被寄進者を領家、再寄進者を本家といい、両者を歴史用語で荘園領主といいます。本家は基本的に天皇家と摂家です。両者は日本最大の荘園領主になります。この寄進系荘園が一般的になるのは院政期の11世紀以降となります。現地の寄進者は現地管理人である下司となり、歴史用語では在地領主といいます。

0

国衙領の絶対的不足ですよ。 当時の田は、肥料を入れると考えはなく、1年耕したら、翌年は休ませます。 そういう農業していたら全然米は取れないですよ。 新しい、田を切り開く必要があります。 地方豪族たちは、農地を切り開き、永久に自分の家が所有できる田になるように要求してきたのです。 そうゆう、開墾してできた田が荘園になったのです。