ID非公開

2021/5/11 6:29

22回答

包丁を研ぐとスッキリします。

ストレス | 家事14閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

質問当初は主婦の包丁研ぎを想定していましたが、プロ級の方の回答をいただき驚いています。突き詰めると、ここまでいくのだろうかと、まるで随筆を読んでるかのような気持ちになりました。私はここまでのレベルに到達しておりませんが、いつしか趣味の境地まで行き着くことがあるのでしょうか。今の気持ちや感覚を大事にしていきたいと思います。

お礼日時:5/17 1:43

その他の回答(1件)

0

猫の手教授さんと同様です。小生は物心ついたころから刃物は扱っていました。最初はなたで巻き割り、鎌での草刈り、草刈りの頃から見よう見まねで研ぎ、10歳になるかどうかの頃は、使えなくなったひし形鑢を研いで、マイはものつくり。 鉈で木を切って「基地」と呼んでましたが、ツリーハウス作り。考えてみれば少し先輩たちが兵隊さんたちが見張り所を木の上にカモフラージュして作っていたののミニ版ですね。このころから研いでいました。研ぎは無心になります。 今は地域おこしのイベントで(コロナでたまにしか出来ませんが)研いでいます。 先日は包丁で、木屋のかなり古いと思われる本割込み鋼-鉄を持ち込まれた方がいらっしゃって、今の商品でないものでしたね。 こういうのを研ぐと、時間は関係ないですね。いかに良く研ぐかに集中します。 猫の手さんもそうですが、小生も裁ちばさみも研ぎます。裁ちばさみは一番難しいですね。さすがに理容鋏は手を出せません。 刈り込み鋏は比較的楽です。鎌は大きな造林鎌を研ぐのが面白いです。良い野鍛冶さんの良い造林鎌は本割込みなので、刃堺線をきれいに出して、地を霞ませると農具とは言え、きれいですよ。 でも手打ちの本割込みは当地でも少なくなりました。鋼-鉄でも利器材が多くて残念ですね。