日本に到着してパスポートがない場合「ぼくは日本人です」と言えば出してくれますか?

1人が共感しています

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

くだらん回答やわ

お礼日時:5/16 7:47

その他の回答(4件)

6

法的なことを言うと、「何らかの方法で本人確認ができるまでは審査留め置きとなるものの、日本人であることが確認できれば、本人確認ができた時点で必ず入国可能」です。(出入国管理及び難民認定法(入管法)第61条) さすがに"自称日本人"であるだけではダメかと思いますが、入管側の職権調査で、日本人であることが確認できれば大丈夫です。この場合、運転免許証やマイナンバーカードのような本人確認資料があると迅速に職権調査できますが、本人確認資料が無くても、時間は掛かるにしてもなんとかなるでしょう。(出国記録とか、パスポート発行記録とかと照合できるはずです。) 旅行先でパスポートを紛失した場合は、現地の大使館等で「帰国のための渡航書」を発行してもらう必要があります(現地を出国できない)が、今回のご質問のように「出国手続き後に紛失した場合」は、入管の職権調査をお願いするしかないでしょうね。日本人であることが確認できるまでは、外国人として強制収容されてしまうかもしれませんが。 ───── 法律上は、「外国人の上陸手続(入管法第6条第2項)」と、「日本人の帰国手続(入管法第61条)」は、全く別の手続きになっています。外国人は上陸の「許可」を受ける(入管は上陸拒否する権利がある)のに対して、日本人は帰国の「確認」を受ける(入管は上陸拒否できない)と規定されています。 日本人は、本人が現に空港・港へ帰国しており上陸を希望すれば、必ず上陸可能という法律上の立て付けになっています。 たとえ、指名手配となっている凶悪犯であっても、現に空港・港へ帰国しているならば、必ず上陸可能です。(※もちろん指名手配犯は上陸直後に留置場直行ですが。) ───── 出入国管理及び難民認定法 昭和26年政令第319号 最終改正:令和2年4月1日 令和元年法律第63号 (上陸の申請) 第6条 本邦に上陸しようとする外国人…(略)…は、有効な旅券で日本国領事官等の査証を受けたものを所持しなければならない。ただし、…(略)…には、日本国領事官等の査証を要しない。 2 前項本文の外国人は、その者が上陸しようとする出入国港において、法務省令で定める手続により、入国審査官に対し上陸の申請をして、上陸のための審査を受けなければならない。 (日本人の帰国) 第61条 本邦外の地域から本邦に帰国する日本人…(略)…は、有効な旅券(有効な旅券を所持することができないときは、日本の国籍を有することを証する文書)を所持し、その者が上陸する出入国港において、法務省令で定める手続により、入国審査官から帰国の確認を受けなければならない。

6人がナイス!しています

1

他の写真付き身分証明書を誰かに持ってきてもらうとかして身元確認できるまで入管で拘束される事は確実だな。 確認できなきゃ下手すりゃ出発地に強制送還。

1人がナイス!しています