ポツダム宣言においては日本国家も無条件降伏したのですか?日本陸海軍の無条件降伏は紛れもない事実ですが、日本国に関しては、ポツダム宣言第五条に、我らの条件は左の如し、とあるように主権の範囲などの条件が付

補足

岸田文雄じゃなくて下村博文でした

日本史70閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(4件)

0

その議論がもつれる原因は「無条件降伏」の解釈が違うからです。 別に無条件降伏したからと言って無条件に全ての要求をのまなければいけないわけではありません。実際にポツダム宣言では日本に降伏の機会として「条件」を提示されたわけであって、それを「無条件」に受け入れれば悪いようにはしないという宣言(勧告)だったわけです。 ポツダム宣言を読めばわかりますが、そんなに受け入れ不可能なことは書いてませんし、基本手には日本も全面的に受け入れて戦後の復興が始まってます。普通に無条件降伏しましたが、そこまで無茶苦茶な要求もされませんでした。

0

相変わらず皆さん言葉の遊びで楽しんでおられますね(笑)。 ポツダム宣言という条件を受け入れたから無条件降伏ではない?相手の示した条件をすべて受け入れたのだから無条件降伏だった? 当時の日本は軍が国を統治していました。その軍の無条件降伏は国の無条件降伏と同じとも言える。まあこうなると言葉の遊びですね。完敗して天皇は「象徴」になり、広大な領土を取り上げられて小さな島に押し込まれ、憲法まで変えられてしまったのだから、どちらでもいいでしょう。 なお、完全な無条件降伏とは読んで字の通り、条件無しの降伏です。勝者に何をされても文句は言えない。

0

戦後、反日組織、朝日新聞が「無条件降伏」と国がしたように宣伝したのです。 ポツダム宣言内容を読めば一目瞭然で13条に「我々は日本政府に対し日本軍の無条件降伏の宣言を要求する。」。 日本軍に対して無条件。

0

無条件降伏というのは、あくまで日本から条件を出さずに、連合国側が出した降伏条件をそのままま受け入れろという事。 降伏条件は日本だけでなく連合国も拘束するし、それ以外のその他国際法も同様。 勝者だからといって、国際法や条約を無視して好き勝手をする事は認められていない。 ちなみに日本は外交の関連に従って、無条件降伏なんて素知らぬ顔で降伏条件の打診をして、アメリカ側も当然のように受け取って、非常にまじめな返事をしている。 その中で間接統治や日本の最終的な政体は日本人が決める事が提示されている。