ID非公開

2021/5/12 20:48

22回答

ネットワークセキュリティについてです。

画像

1人が共感しています

ベストアンサー

0

その他の回答(1件)

0

共通鍵暗号化方式は、データ(ここでいうパスワード)の暗号化と復号化に同じ共通の鍵を用います。 つまり、予めPC-AとPC-Bの両方に同じ鍵をセットしておき、PC-Aで鍵を使って暗号化したデータをPC-Bで受け取って復号化します。 この方式は、その鍵さえ手に入れればデータを復号化できてしまうという脆弱性があるため、鍵が流出、傍受されないように厳重に管理する必要があります。 名刺交換によって相手を信頼する場合、その名刺が本当にその人のものであるという前提が必要となります。(偽造された名刺を手渡されて、実はその人が全くの別人であった場合、名刺交換という仕組みの脆弱性を突かれたという事になります。) ICTシステムはよく分かんないです。