日韓併合まで朝鮮が中国や日本のように発展できなかったのはなぜですか?

世界史 | 日本史39閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(4件)

1

特権階級のせいだと思います。彼らの利権を守るのに、民衆は知識がない方がよいとの考えで、国として発展が遅れた。

1人がナイス!しています

1

中国が属国である朝鮮の発展を、妨げたのだと思います。 属国が力を付けると、離脱したり反抗したりしますから。 朝鮮の外交権を取り上げ、鎖国させ発展の芽をつぶしたのだと思います。

1人がナイス!しています

2

元々 列強の介入など関係なしに19世紀は朝鮮の衰退期だったのはあります 実際農民反乱なんか多発していました この点については19世紀が地球レベルでの小氷期だったのもあるでしょう(例えば雪女、って話がありますが舞台は東京都青梅あたりだったりします その上で 一般論として財産権があります 端的に言えば稼ぎが根こそぎにされると誰が真面目に働くものか!ってわけです 江戸時代の日本は作間稼ぎといい、農閑期などは副業が黙認され、そうした稼ぎは無税(少なくとも低税)でした なので農民がハッスルし、産業が栄えたわけです 特に日本では小農自立といい、戦国期に比べ家族の人口が少なくなった なので1人あたりの労働が占めるインパクトが大きくなり(ニートを養うゆとりがなくなったともいいます)日本人が勤勉になったわけです 朝鮮でも小農化は進んではいたんですが、そうした動きにはなりませんでした この辺は例えば華僑や印僑などについても言えます つまり海外の中国人やインド人がリッチなのに、どうして中国やインドはリッチじゃないの?と 勿論海外でやっていけるというのは本国でも(人脈や学歴などで)恵まれた階層という事情もありますが この辺は中国と台湾が同じ民族なのに大きな経済格差があること、そして限定的ながら中国が財産権を保障した改革開放以降急速に発展したことが証明しています

2人がナイス!しています

2

朝鮮王朝時代の人々は「朝鮮民族」「国民」としての意識、自覚が生まれてなかったため、自分たちの置かれている立場に関心がなく、発展しようという意欲・関心もなかった。

2人がナイス!しています