以前、「麒麟がくる」が放送されていた頃は、この知恵袋でも質問や回答が飛び交って結構にぎやかでしたが、「青天を衝け」が放送されてから、

ドラマ | 日本史94閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さんありがとうございました。 一番早く回答していただいたpeace2qazさんをBAにしたいと思います。

お礼日時:5/17 11:59

その他の回答(8件)

1

それだけ視聴率が低いということでしょう。 見ている人が少ないから質問も少ない。

1人がナイス!しています

1

元々大河の定番である戦国時代と幕末近代では前者の方が圧倒的に人気があるんですよ。 そして今回は新札絡みの人物で、厳密にいえば深いかかわりはあるとはいえ幕末動乱の政治軍事動向にダイレクトには絡んでいない人物で経済面の重鎮だからでしょう。 麒麟がくるの主役は曲がりなりにも史上最高レベルに有名なクーデターを起こした人物ですしね。事件自体にも謎が多い。 ちなみに謎や不明事項は現代に近いほど判っていない(事象の判明の是非に加えて記録が残っていても真相があかせない)分野もあります。

1人がナイス!しています

1

見どころが少ないからですね。やがて鳥羽伏見の戦いなども出てくるでしょうが、ナレーション誘導型エコノミー合戦で手短に描写されるなど予想できるので見ごたえさに期待できず、「こんなもんだよな」でながら観してるからではないでしょうか。その間延び感を余計な楽音で誤魔化す作りに慣らされてしまっていて視聴者も冷めてしまってるのが実情ではないでしょうか。私の場合はそんな感じです。歴史転換期の緊迫感がまるで伝わってこないのです。 tosaku_killers_artcreativeman

1人がナイス!しています

0

レベルの低い話ですが、主役の吉沢亮と従兄役の高良健吾、従弟役なので このキャスティングでもいいのですが、年配の方々が区別ついているのかと 心配しています。

1

『麒麟がくる』の時は確かににぎやかでしたよね。架空の登場人物四人がやたらうるさくて、あの登場人物は本当に必要なのかとか、一介の町娘が足利将軍のところに出入り自由だったり。おかしな話が毎回満載で、本当に毎回、クレームの嵐でした。 『青天を衝け』の場合、今のところ、そんなに気になるおかしなところはありませんね。

1人がナイス!しています