新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。

新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。
新型コロナウイルスワクチン接種の情報についてはYahoo!くらしでご確認いただけます。
※非常時のため、全ての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。

梅雨時期になり、湿度が上がってきたため、不快です。

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

回答ありがとうございました。 昨日は、外の気温も湿度も高く不快でしたが、 ドライモードの24度で稼働したら快適になりました。 ISO14001をお持ちなんですか? 納得です。 ありがとうございました。

お礼日時:5/18 10:23

その他の回答(2件)

1

社長さんに言えるかどうか。社長さんが納得するかどうかですが、人のいる空間での次亜塩素酸水の噴霧は何の役にも立ちませんよ。 むしろ消毒しているという誤った安心感で、かえって危険です。次亜塩素酸水を空間噴霧してコロナウイルスを不活化させるくらいの噴霧を行うのであれば、そこには人はいることはできません。湿度が高くて不快というレベルのことではありません。 次亜塩素酸という物質は、水中にしか存在しない、空気中に期待としては存在できない物質なのです。 下記東京都のパンフレットをご覧ください。これで社長さんが納得し、次亜塩素酸水の噴霧を焼ければよいのですが、次亜塩素酸水噴霧が有効と信じ切っていると、こういう公的なパンフレットも無視する可能性が高いです。 https://www.shouhiseikatu.metro.tokyo.jp/sodan/kinkyu/documents/210302.pdf あとは空調で除湿機能を効かせるかで対応するしかないですね。 下記は国民生活センターのPIO-NET です。 https://www.jikojoho.caa.go.jp/ai-national/ 検索文字に、次亜塩素酸水と入力してみてください。多く出てきます。特に昨年半ばまでが多いです。 次亜塩素酸水の噴霧(中には次亜塩素酸ナトリウムもありますが)等による申し立て事例です。 ご安全に。 お大事に。次亜塩素酸水空間噴霧で体調悪化

1人がナイス!しています

修正です。 「空気中に期待としては存在できない物質」は「空気中に気体としては存在できない物質」」です。 最後の「お大事に。次亜塩素酸水空間噴霧で体調悪化」は「お大事に。次亜塩素酸水空間噴霧で体調悪化例はPIO-NET で見られます」です。