回答受付が終了しました

私のNECメーカーパソコンはWINDOWS7 32Bitです。 メモリわ増設したいのですが、4Gまでしか増設出来ません なぜOS選びで32Bitにしたのでしょうか

Windows 7 | Windows 1045閲覧

回答(8件)

0

Windowsは、macOSやLinux系OSと比べると 64bit OSへの移行が異常に遅れました。 x86の32bit CPUに依存した部分が多かったことと Microsoftのガイドラインに従わないソフトウェアなどが AMD64(Intel64,x64)環境で正常動作しない例が多く Microsoftではなく、消費者の体験に基づく意見として 64bit移行は2009年でもなお、まだ早いという声がありました。 AMD64は2004年、Intel64は2006年に主流となっていて RISCプロセッサーに至っては、20世紀のうちに64bit化していたのにです。 それがMicrosoftのていたらく、そして消費者の不信でしたが そういった論調を育てるのは、パソコンに盛んに投資する趣味人 2009年に32bitのWindows 7機を買って 2011年に64bitのWindows 7機に乗り換えて 「もう64bit最高」とか言っている場合もめずらしくはありません。 10年12年も先に使い続ける前提で「32bit版が至高」 だなんて言った人は、当時にもいなかったはずなんです。 ところが、PCメーカーはOEM契約の都合上 顧客に、64bit版か32bit版のどちらかを選ばせ 必要になれば「64bit版搭載パソコンを改めて買ってください」 という商売を提示しました。 これでは、パソコンを買ったら10年使うつもりの人は 短期間に買い換えるパソコン趣味人の意見を真に受けていられません。 同じことは、Windows 7サポート終了の4年も前に Windows 10無料アップグレードが提示された時も起きています。 2016年7月29日で終わった無料アップグレードでしたが その時点でも7サポート終了まで3年半近い期間があり 当然、短期間に買い換える人は7のサポートが終わる前に パソコンを買い換えるのだから、リスクを負ってアップグレードは 愚策と切り捨てる意見も少なくありませんでした。 ところが、今になって、まだWindows 7を使っていて どうにか10にならないか?と無理な相談をする人と 不正行為を教唆する人とそれを批判する人の質疑が繰り返されています。 かなりばからしいものですが MicrosoftとPCメーカーが儲けようとして パソコンに積極的に投資する人は短期間に構想して 出費を抑えたい人の長期計画は噛み合いようがありません。 結果、未だに32bit OSなんかが入ったパソコンが稼働しています。 Windows 7はOEM版としては32bit版と64bit版が別製品扱いで 64bit版への切り替えは、製品として別に用意する必要があり またOS環境のクリーンインストールも必須となります。 今更64bit Windows(実質的な選択肢としてはリテール版Windows 7)を 正規に購入することは、いろいろな難点がありますし 入手しやすいWindows 10は16000円かかってしまいます。 確実性や、老朽化に配慮すれば パソコン自体の買い替えが妥当です。 もっとも、私自身はメインPCはともかく、ノートPCは 雑に扱えるように激安の中古品やジャンクを再生して使っているので 今は、ノートPCの筆頭でもThinkPad X220を使っていて これには32bit Windows 7モデルもありました。 私が半年前に入手したX220は 今初めて確認したら64bit Windows 7モデルでしたが 入手段階から、Linux系のXubuntu 20.04LTSで動かす前提だったので 入っているOSが何でもどうでも良いという程度の話でした (Windows 10化されていたような気もしますが、もううろ覚えです) 32bit OSに関わったりしているのはほとんどWindowsユーザーだけで 8GBくらい搭載できるPCで、搭載できずに悩んでいるくらいなら Linux系OSなどに入れ替えるほうがマシな場合もありえます。 もっともLinux系OSではWindows用ソフトが動くわけでは無いので 誰もが選べるものではありませんが、サポート中の現行OSを 無償で導入できますし、Google Chromeのような 変にメモリー消費が多いソフトでは、64bit化が効果的です。

0

多くのXPが32ビットだった為、互換性を考えて32ビットにしたのでしょう。 実際64ビットでは動かないソフトが結構有りましたから…

0

Q、私のNECメーカーパソコンはWINDOWS7 32Bitです。メモリわ増設したいのですが、4Gまでしか増設出来ません A、パソコンの型番が書かれていないので何とも言えませんが、Windows XPの32bit では無理ですが、Windows 7 の32bit なら増設は可能です。 ただし問題点としてはパソコンに搭載できるメモリスロットの問題で、現状4㎇であれば、2㎇のメモリが2枚取り付けられるスロット(スペース)があれば、そこに、4㎇のメモリを2つ取り付ける事で8㎇の増設が可能となりますし、メモリを入れるスペースが1スロットしかない場合でもそこに合う形状の8㎇又はそれ以上のメモリがあれば何とかなります。 メモリ検索・バッファロー https://www.buffalo.jp/taiou/?tab=1 メモリ検索・IOデーター https://www.iodata.jp/product/memory/ 有名どころは↑の2社ですが、PCショップに行けばノーブランド品を含め多くのメモリメーカーが存在します。 必要なソフト ReadyFor4GB(ReadyFor4GB.zip) https://web.archive.org/web/20130318095222/http://nagabuchi.jugem.jp/?eid=337 関連事項 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1343794748 https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q12130996862 Q、なぜOS選びで32Bitにしたのでしょうか32Bitのメリットを教えて下さい A、32Bitを選ばれたのは、購入された本人しか分かりませんが、推察できる理由としては、幾つかの理由が考えられます。 購入当時は、ゲームや、動画処理、及び画像処理など、メモリを多く消費するパソコンが必要では無かったとか 昔は今に比べてメモリの値段が高く必要とするパソコンが高価であるがために見送ったかのどちらかが考えられます。 32Bitのメリットとしては、Windows XPや、Vista等の古いソフトが利用できること、発売当初は値段が安価であるといったぐらいでしょうか その他・32bit関連 ://www.out48.com/archives/1279/ ://togeonet.co.jp/post-17115

0

過去の遺物を使いた人がいるため。 かなり以前からCPUは64Bitに対応していたがOSも対応して64Bitがあったが、アプリケーションは32Bitだったため、64BitOSは普及しなく、アプリケーションの開発が後手に回っていたため。 過去の遺物がいつまでもあるのです。

0

利点高速成り。 六十四ビツト式動作遅い成り。因って箱物投資必要成り。 目盛四Gなら迷わず三十二ビツト式選択最良成り。 この回答は第一線現役WINDOWS VISTA 64Bitで書いてます。