サーバーにはファイルサーバーという種類があるようですが、わざわざファイルサーバーソフトウェアを導入しなくても、

サーバ管理、保守 | ファイル共有、P2P25閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

ベストアンサー

0

その他の回答(5件)

0

PCでフォルダを共有すれば、それは小規模なファイルサーバfです。 大量の共有アクセスを受ければ、そのPC利用者はPCの動作が遅くなったと感じるでしょうし、電源を落とせば他人がファイル共有ができなくなります。 大勢で大規模なファイル共有をしたければ、それなりにハードウエア性能が高く、ファイル共有に特化した「ファイルサーバ機器」を導入したくなるでしょう。

0

いいのではないのです! その共有ファイルは!何人!同時に!アクセスできますか! 考えたこともありませんか!そうだとしたら! あきらかに!情!報!弱!者!です! Windows10の!Homeは!Proは!Enterpriseは! それぞれ!同時に!何人まで!アクセスできるんですか! 何人までしか!アクセスできないんですか! 制限があることすら!知りませんか!情報!弱なんたらは!

0

使いたいファイルを誰が持っているかを全て把握できて、どれが最新かということが分かって、いつでもその人のPCと通信できる状態にあるなら、ファイルサーバはなくてもいいかもしれません。 例えば、社員名簿のようなファイルがあったとして、そのファイルを使いたい時、誰が持っているか把握しないと使えませんね。社員名簿なので、各々勝手に作る訳にもいかず。。。代表で人事部の部長が持っていたとして、その人が休みや出張でいない時、誰もそのファイルを使えません。 ファイルサーバは実際の世界でいう、備品や在庫の保管倉庫と考えればいいです。

0

>PCで共有ファイルを作ればいいのではないのでしょうか? 何千人もがアクセスするような共有ファイルでも、 PC(パソコン)で作るのですか?

0

ファイルサーバのメリットとデメリットは まずメリットはファイルの受け渡しが簡単に行えること。また、情報漏えいのリスクがある程度なくなること、拡張が簡単なこと… しかし、デメリットは壊れれば復元できないこと。OSなどの環境設定が手間。などがあげられます