木次線、芸備線の一部 はいずれ廃止になるのでしょうか?

補足

いずれ廃止は避けられないようですね。 残念ですが、それまで訪ねたいと思います。

鉄道、列車、駅 | 鉄道ファン319閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

2人が共感しています

ベストアンサー

3

3人がナイス!しています

子供の頃、沿線に住んでいた宇品線が廃止 長じて可部線一部廃止 蒸気機関車を追いかけた岩徳、倉吉、三江線も廃止 白木山に登りに行ったり三次の友人に会いに行く、比婆山登山などにはいつも芸備線を利用していました。 駅舎のベンチで夜を明かした備後落合 無くなる前に行ってみようと思います(^^)

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。 無くなる前に中国山地の駅のどこかで、お会いしたいです(^^) 皆さんもありがとうございます。 もしも保存運動などあればご協力ください。

お礼日時:6/13 20:18

その他の回答(9件)

0

備後落合~東城間の1日当たりの輸送は10人前後では、ジャンボタクシーでも赤字になるでしょう。実際、生活交通バスが補助を受けながら運行されています。 あえて区間別の実績を公表していない、木次線については出雲横田より南は、通学の需要すら放棄していますので、鉄道輸送の体を完全に失っています。 この区間も島根県側と広島県側に別れて生活交通バスが走っています。 地方における「2025年問題」という交通政策を考える上での転機が目前に迫っています。 今後20年、30年先を考えたとき、地方自治体に負担の少ない公共交通の畝違法は変わってきます。 この地域のように鉄道が輸送の中心になっていない路線は、小回り、自由度の高い生活交通バスに移行していくのだと思います。

もう、この地域の鉄道の使命は済んだということでしょうね。 木次線・出雲坂根⇔三井野原のスイッチバック 芸備線・備後落合⇔東城の中国山地越え 好きな風景ですが・・・。

2

私は廃止に反対の立場をとります。 様子を見て自治体に存続を働きかけようと思います。 また、スーツ氏にも木次線と芸備線の魅力をYoutubeで紹介してほしいと働きかけようと思っています。 芸備線、木次線が廃止になるんだったら私は募金活動をJR北海道根室本線の分と併せてやろうと思っています。 話が脱線しましたが、いずれ廃止になると思います。魅力あるんですがねぇ… 第三セクターになるんだったら鳥塚亮さんを社長に推薦します。

2人がナイス!しています

2

廃止以外ないと思います。というかJRは今年に入ってかなり慎重に外堀を埋める作戦をとっています。 ・10月からの減便ダイヤで広島支社と木次線はあえて対象から外している →廃止話の前に寝た子を起こさない作戦 ・まずは岡山支社の管轄エリアから廃止を進めている →最大の難敵は広島支社管内。可部線の末端区間の廃止を巡って相当強硬に反対されたため、理解の得やすい岡山側から廃止し既成事実化する作戦 ・トロッコの廃止で路線廃止の年限を暗示 →2023年度(2024年3月ダイヤ改正)で路線整理を行うことを暗示している 可部線の末端区間で強硬に廃止に抵抗されたので既成事実を積み重ねて本丸である広島支社管内(三次以東の芸備線、府中以北の福塩線、小野田線、美祢線)に切り込むつもりだと思われます。木次線は出雲横田以南が整理対象と考えられます。

2人がナイス!しています

そうですね。 JRもアドバルーンを上げて反応を観測したりボールを投げたり。 「廃止ありき」 木次線横田以南は冬は当たり前のように除雪さえせずに。 ラッセル車の試運転だけはするんですけど。

2

車やバスなどに比べて鉄道の優位性は定時性、速達性、大量輸送性の3つといわれています。こと木次戦や芸備線においては周辺道路の整備、線形や設備の悪さ、周辺人口の減少により、残念ながらどの要素においても車やバスに叶うはずがありません。ましてや鉄道は保線や車両検査など維持コストが莫大ですから、廃止はやむを得ないところでしょう。 鉄道ファンとしては少し悲しいですが、最近よくいう「持続可能な社会」に向けては廃線はむしろいい方向であるようにすら思います。

2人がナイス!しています