市街化調整区域における分筆についての質問です。

不動産 | 土地34閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">250

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

 詳しい説明をありがとうございました!  再建築の件は仰る通りでした。  マエチンさんをBAとさせていただきます。

お礼日時:6/21 10:31

その他の回答(3件)

0

建築基準法上の建物の敷地と土地登記上の筆界は関係ありません。 既存の親の家と、あなたが建てようとしている家が不可分なもの(それぞれが独立した戸建住宅)であれば、300㎡の中に建築物の敷地が2つ存在し、それぞれが法(接道要件や斜線制限、容積率、建蔽率・・・)に合致していないと建築行為ができません。 要は、親の家の敷地面積を100㎡に設定しようとしても、既存の家の規模や道路の状況によって不適格になってしまうなら、いくら最低敷地面積をクリアしても「できない」ということです。

0

①、市街化調整区域で両親土地建物があれば、其の建替えが条件と なるはずです。貴方様が市の農業委員会の台帳等に記載があっても 敷地割分筆は可能でも分家でないと都市計画係の同意でないです。 分筆の自体は不動産登記法で農業委員会の同意書があれば可能です。 ②、市街化調整区域内では市街化を抑制して、農林漁業者の農地 保護地であり、都市計画34条に該当者が一定条件の元で建築行為 の同意許可を得て建築確認申請の手続きとなるものです。 ③、農地法の問題と不動産登記法、都市計画法、建築基準法ともに 其々が独立した法律です。故に何れにも適合が必要とします。 先ずは市役所の農業委員会事務所の申請人の同意なければだめです。

0

分筆はどんな条件でも出来ますが、分筆後の合筆は2つの土地の権利関係が同じだったら合筆も可能です。