回答受付が終了しました

同族会社の判定の仕方について教えてください。 以下のケースは同族会社と判定されるのでしょうか? 合同会社Aの申告を行うとします。

補足

出資額に誤りがありましたので訂正します。 正しくは以下の通りです。 ▶出資者 代表社員B 1円      株式会社C 999,999円

会計、経理、財務 | 企業と経営53閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

回答(2件)

0

合同会社Aは、株式会社Cが99%もっているのだから、同族会社です。 なお、株式会社Cが同族会社なら、普通の「同族会社」です。 株式会社Cが同族会社でないなら、「非同族の同族会社」です。 株式会社Cが同族会社かどうかを判定するのに、代表社員Bには関係無く、株式会社Cの株主の中で、上位3グループで判定します。 例えば、株式会社Cの株主が、D、E、Fで各1/3ずつなら、同族会社です。

0

別表第二は同族会社かどうかに関係なくすべての会社が法人税の申告書に添付します。 なお、同族関係者になるかどうかは株主グループに入るかどうかの基準であり、同族会社の判定ではありません。 BとCは同族関係者の関係にないので、AはCのみによる99パーセント超支配(非完全支配)の同族会社です。Aの資本金は一億円以下なので、特定同族会社にはなりません。