憲法か法律に宗教が政治的な権力を持ってはいけないみたいなのがあった気がするのですが、公明党は違うのでしょうか?

ベストアンサー

0

その他の回答(6件)

1

公明党創設者である池田大作は 公明党創設理由を 「創価学会の教義を実現させるために 公明党を創った。」 このように、公言しています。 又、 「創価学会と公明党は不二の関係。」 とも、公言しています。 よって、創価学会=公明党=池田大作の私物。 よって、政教一致のど真ん中を 後ろを振り向きもせず、突っ走っています。

1人がナイス!しています

「創価学会を離れて公明党はありえない。もし創価学会を離れた独自の公明党があるとすれば、それは既成政党となんら変わることのない存在。創価学会と公明党は、永久に一体不二の関係。」 (「池田会長全集」第一巻)

0

日本国憲法第二十条に「信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない。 何人も、宗教上の行為、祝典、儀式又は行事に参加することを強制されない。 国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない」とあります。 創価学会は公明党の支持団体ですが、創価学会が政治上の権力を行使してはならないとあります。公明党や創価学会は政治上の権力を行使してはならないを解釈してません。

1

宗教が政治するのは、 それが 全国民のためにであり 宗教のためでないなら いいんです。 でもその逆の 政治の方が、 特定宗教に有利な 事をするのは、 禁止されています。

1人がナイス!しています

2

法律ではなく、憲法に「政教分離の原則」というものがあります。これは、政治権力が特定の宗教を保護したり、特定の宗教を国教としたりする事を禁止するもので、宗教団体が特定の政党を応援する事を禁止したものではないのです。 公明党は、創価学会という宗教団体が支持母体ですが、政党として創価学会を保護したり、創価学会を国教とすることを目的としておりません。また、創価学会は意見・要望は言いますが、創価学会として権力行使しているものではありませんので、政教分離の原則に反するものではありません。 そもそも共産党以外は、何かしらの宗教団体が組織として応援しています。 公明党があまり批判の対象にならないのは、マスコミの報道が政局を揺るがすような政策しか扱わない為、目立たないからだと思います。 「集団的自衛権」の制定の時は随分と批判されたものです。最近でも「中国の人権」に対する姿勢は大いに批判されています。 また、批判が少ないのは創価学会がマスコミに対して隠ぺい工作をしているという噂もありますが、それはフェイク情報です。 野党は忘れた頃に創価学会と公明党は「政教一致」であると国会質問します。政教一致でない事は知っているにも関わらずです。 と、こんな感じです。

2人がナイス!しています

2

政教分離の原則と言います。 これは 政治が宗教を弾圧する歴史が繰り返されたからです。 政治の側が宗教に口を挟んではいけません。一つの宗教を弾圧したり 優遇してはいけません。そう言う事です。 人にも法人にも政治に参加する権利があります。宗教法人だって同じです。 政治に口を出すのは人権です。 政教分離の原則を誤解してはいけません。政治は宗教に口を挟むな それが政教分離の原則です。 ヨーロッパだってほとんどの国は 政教分離です。 しかし 政党には キリスト〇〇党なんて政党が沢山あります。 何も問題は有りません。

2人がナイス!しています