回答(3件)

1

A,D,Hが倍倍の関係なので 1,2,4もしくは2,4,8しかないが Dは3以上から A=2,D=4,H=8 がまず確定 EはCの3倍、だから 候補は3,6,9なので 逆にCの候補は1,2,3 C,Eの下のHが8なので C=2,E=6 の組み合わせになる 繰り上がりがないので Gが奇数になるにはBが奇数でなければならないので B:1,3,5,7のいずれか Aは2だけど、Fが奇数となっているから 下からの繰り上がりで+1あるということが分かる Dの4に足して繰り上がりが可能なのは7だけなので B=7 F=3 よって _272 +_46 =318

1人がナイス!しています