ID非公開

2021/6/12 16:39

99回答

海外の方はレディーファーストを女尊男卑と捉えていますか?

海外 | 海外生活179閲覧

3人が共感しています

ベストアンサー

0

ID非公開

質問者2021/6/18 17:42

回答者ありがとうございます! レディーファースト自体が異文化なので、日本の女性が求めるのに対して日本の男性は仕方なくしてくれているという感じがありますが、外国の男性はレディーファーストをステータスとして捉えていることに驚きました! レディーファーストを男性としての魅力の1部にしているんですね。 ドイツの一緒に払わない文化素敵ですね!割り勘が多い日本でも根付いて欲しいです。 面白い実験結果ですね。男女平等云々ではなくてモテたい男性はレディーファーストするべきなのかも…?

その他の回答(8件)

1

海外の男女平等の考え方は、 少し日本のものとは違っています。 日本の男女平等とは、 女性と男性と平等にすると考えると思いますが、 海外の男女平等とは、 性別をなくし一個人として平等にすると考えます。 外国では、基本的に個人主義ですから、 このような考えになるのだと思います。 ですから、 女性を女性として扱ってもいいのは、 その女性と恋人関係や夫婦関係にある限られた人間だけです。 現代においては、 さらに、この意識が強くなっていますので、 例えば、 職場などで、 相手との関係性を無視して、 女性としての容姿を誉めたりすると、 セクハラになっちゃったりしますからね。 そんな感じですから、 見境なくレディーファーストなんてしたら、 ただのプレイボーイかスケベと思われるでしょうね。 だから、 レディーファーストなんてものは、 今では、愛情表現であったり、 デートの演出であったり、ギャグぐらいのものになったと思いますよ。 あとは、社交場での恋人や夫婦関係にある人たちのマナーぐらいだと思います。 ちなみに、 私は、外国人の女性とつき合っていますが、 彼女以外の女性に日本で言うレディーファーストのようなことをしたら、 間違いなく彼女はブチ切れると思いますよ。 自分以外の人を女性として扱うなんて ありえないことですからね。 ですから、 男女を分けて考えることがなくなっていけば、 レディーファーストなんてなくなってしまうと思いますよ。 唯一の男女の関係となる 恋人関係や夫婦関係では、 プライバシーやプライベートを共有する関係ですから、 性別よりも個人を尊重し合う個人対個人の関係です。 だから、 レディーファーストなんてものはありません。 私も外国の女性とつき合って、 日本人の癖で、 自分のことを話すのに 「日本人は、、、」とか「男は、、、」とか、 そういった言葉で話してしまって よく「やめてくれ」って言われました。 個人対個人なら、 「私」と「あなた」という一人称か二人称でしか 話しませんからね。 だから、 日本の男女問題は、 ことさら男女を分けて考えているところが 外国との違いを感じますよ。 質問者様は、 日本人より外国人の男性の方がと言われますが、 現代の男女を分け隔てなく考える風潮としては、 実は、日本の方がはるかに進んでいました。 それを証明しているのが宗教です。 例えば、 キリスト教のイエス・キリストは男性ですから、 この時点で、男女差別です。 また、 聖母とされているマリア様も、 なぜ聖なる存在なのかというと 処女で子供を授かるという絶対にありえないことをしたから 聖なる存在になれています。 そのため、 男性は性行為をしようがお構いなしなのに、 女性は処女を喪失すると聖なる存在にはなれないということです。 これほどの男女差別なんてありませんからね。 結果として、 キリスト教は魔女狩りなどといった性別による迫害まで引き起こしたのですから酷い話です。 日本では、 天照大御神は神様だから性別はないとしてますからね。 すごい違いだと思いますよ。 例えば、 ヨーロッパなどでは、 戦争などに負けるとその妻までも処刑されたりしました。 でも、日本では、 そんなことは起きませんでしたからね。 当主である男性が腹を切って終了って感じです。 ですから、 日本は、時代背景も宗教観も価値観も違う外国文化に影響されすぎたため ちょっとズレてしまったというのが原因ではないかと思いますよ。 私も、質問者様と同じように 「海外の男性は日本人の男性よりもレディーファーストを弁えている」 と思っていました。 でも、 外国の女性とつき合ったり交流してみると まったく逆の評価を受けましたよ。 日本は、島国ですし、 国内では人口の98%が日本人という世界でも変わった国ですから、 色んなことがズレていてもおかしくないですからね。 ですから、 質問者様にも実際に外国と接して欲しいなぁと思いました。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/6/17 23:06

回答ありがとうございます! 貴重な経験が聞けて有難いです! 他の回答者さんの回答を見ていてどこか外国と日本では男女平等が違う気がしていたので「日本の男女平等とは〜海外の男女平等とは〜」という話がとても腑に落ちました。 確かに、昔は同じ時代でもヨーロッパの女性に比べ日本の女性は活躍していたという話を聞きます!よく例として清少納言や紫式部があげられますよね! 外国の文化に影響されたというのも事実だと思いますが、元々の日本の文化も今の日本の男女平等を妨げる考えのひとつだと思います。 「男性は外で働き、女性が家を守る」という意識が江戸時代前からあるのは事実です。 元々日本は男女の区別がはっきりしていたため、外国の文化に影響された時にズレた捉え方をしたのだと私は思いました。 語彙がなくて伝えたいことが伝えられなかったと思います。すみません!

2

レディーファーストとしての女性専用車両と犯罪対策としてのそれは分けて考えないといけません。 イギリスでは100余年続いたレディーファーストの為の女性専用車両を廃止した後、2010年代の鉄道での性犯罪の急増に伴い再導入がいま検討されています。 現在世界各国で導入されている女性専用車両でレディーファーストとしてのものは一つもありません。 ちなみになぜかアメリカはヨーロッパと違い女性専用車両はありえない!という感じで議論すら始まらないようです。 犯罪がないからなのか何なのか、アメリカの方に聞いてみたいと個人的には思います。 地下鉄の治安が悪すぎて女性が一人ではそもそも乗らない、というのが私の予想。

2人がナイス!しています

3

欧米人の感覚でのレディファーストとは、(少々不正確ではあるけど)一言でいうなら男性から女性に対する人助けの精神です。 しいて日本で似たもの出すなら「お年寄りには親切に」みたいな感覚です。 男性が女性に家来のように奉仕するとか、女性に気に入られるための恋愛術みたいに解釈されてる日本のレディファーストは、実はかなりねじ曲がったものです。

3人がナイス!しています

2

当方アメリカ在住ですがそういったふうには考えたこともありませんでした。 女尊男卑かあ。。 そもそもレディファースト、女性を大事にする文化ってヨーロッパの騎士道から来たんじゃないのかなーって個人的には思っていて。 女性を蔑むのではなく、女性を大切に守ることが男の嗜みだからというのがベースなんじゃない。 日本の「男のほうが偉いから女はかしずけ」というのとは違う。 女性を優先できる余裕のある男こそ、真の強い男であるっていうのが騎士道にはありそうですよね。 で、確かに都市部ではレディーファーストは差別であるなんて憤る女性も出てきたりは昨今しているようです。 雇用も男女平等が叫ばれて久しい。 でもね、長年培った習慣というのはそうそう変わらない。 男女平等と言いつつ、普段のなんてことない行動の中でさりげなく女性を優先させたりする男は多いですね。 日本は男尊女卑からいきなり男女平等になっているので、なにごとも極端になりがちな感があります。 女性専用車両なんてその最たるものじゃないかなあ。

2人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/6/13 0:37

回答者ありがとうございます! 現地に住んでいる方の意見はなかなか聞けないのでとてもありがたいです! アメリカではレディーファーストに男性より女性が不満を抱いているようですね。 やはり文化の違いは大きいみたいですね。確かに「男の方が偉いから女はかしずけ」という文化からいきなり外国の文化も入ってきて「女も平等に扱え」と言われたらレディーファーストに不満を抱くのも納得が行きます。 因みにですが、女性専用車両が極端になりがちな最たるものである理由を教えて頂けますか?