ID非公開

2021/6/12 17:25

33回答

銘は無くても、号は有る・・・・という刀は意外と多いのでしょうか? 古い刀には、無銘刀も多いと聞きました。

日本史 | 伝統文化、伝統芸能10閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

1人が共感しています

ベストアンサー

0

刀工が神社に奉納する刀には無銘が多い。入れると神様に失礼だかららしい。 箱書き、奉書あれば、在銘刀よりも信憑性高いらしい。

その他の回答(2件)

0

多くないです。 号が付くのは有名な刀が多く記憶の片隅に残りやすいだけだからです。 例えば無銘を10振り集めるのには1日もあれば集まります。(ネット購入なら30分もかからず終わります) ただ、○○号のみを1日で集めてと言っても・・・。これは無理な話です。 まぁ有名な物しか通常号は付かないので手元には来ない。 数打ち物の無銘と有名刀匠が鍛えたその中でも名物物クラスにしか号はありませんからねぇ。

0

「銘は無くても、号は有る」の有名どころでは、 黒田節に出てくる『日本号』はその最たるものかと・・・