バイクの排気量の中心。400ccが廃れたのはいつからですか?

バイク | 新車111閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(11件)

1

400ccが下火になっていったのは大型2輪免許が自動車学校で取得可能になった頃からですね。 ヤマハは1997年に400ccのFZ400を発売しましたが1999年には生産終了しています。その当時は既に新型が出ても売れない時期でした。 ただCB400SF、XJR400、ゼファー、ZRX400、ドラッグスター400などネイキッドやアメリカンブームもあり人気車種はそこそこ売れてましたが 400ccが一気に落ち込んだのは2008年の規制強化の時ですね。キャブ車が規制をクリアできず400ccで人気のネイキッドが軒並み生産終了になってしまいました。 その後ドラッグスター400等のアメリカンが辛うじて生きていましたが2017年のユーロ4をクリアできずに無くなりました。そして去年ユーロ5に対応できずSR400も生産終了になってしまいました

1人がナイス!しています

1

もうかなり昔の話になりますが、 アメリカが600㏄以上の輸入バイクにアホみたいに高額の関税をかけました。 これは露骨に当時アメリカ最後のバイクメーカーであったハーレーダビッドソンを守るためです (当時ハーレーは日本車に押されて倒産しかけていたのです) それに対して日本メーカーは「じゃあ600㏄以下ならいいんでしょ!」と600㏄のスポーツバイクを多く開発したのです。 それらの600㏄のバイクは関税対策で開発されたのではありますが、乗ってみると軽くて速くて具合がよかったわけです で、400㏄は日本だけの規格だったので、この「600㏄クラス」が世界の「ミドルクラス」として定着しちゃったわけです。 ここから先は他の方が書いておられる通りです まぁ日本だけのために400㏄を開発する余裕が今の日本メーカーには無いわけですね このことと免許制度が噛み合ってないのは事実です 普通二輪は600㏄まで、にしないと免許取っても買えるバイクがほとんどありませんから

1人がナイス!しています

1

ラインナップ的には、コスト削減のためグローバルモデルが主流になりました。 ・250ccは主にインドネシア向け。スポーツバイクの熱気がすごい。4気筒を復活させるぐらいに暑苦しい。 ・251〜500ccぐらいが、ヨーロッパの普通二輪免許相当向け。排気量制限無し。馬力とパワーウエイトレシオ制限あり。Ninja400が、EUと日本の普通二輪免許で売れるスペックで出してきたエポックメイキング的なバイク。 TMAX560はEUだと普通二輪免許で乗れるが日本では大型二輪免許が必要だったり、CB400SFはそのままではEUでは大型二輪免許が必要だったりとチグハグ感が多い。 ・650cc前後がコストパフォーマンス重視のバイク。EUや北米向け。馬力制限モデルがありEUでは普通二輪免許で乗れる物もある。なのでEUでは普通二輪向けバイクをたくさん作らなくてもラインナップ的に問題は無い。大型二輪免許取った後、馬力制限解除も可能。馬力的に保険料はここまでが安いコスト重視モデル。最大馬力100前後。 日本でも正式にラインナップに追加される。400ccが無ければ(大型二輪免許を取って)650ccに乗ったらいいじゃない?と言うメーカーからの無言の圧力を感じる。車格的には、CB400SFよりコンパクトで軽量なモデルがほとんどで使い勝手は良い。 ・900cc前後がコスパのパフォーマンス重視モデル。EUや北米向け。サーキットでも十分楽しめるパワーと性能の割にはリーズナブルな価格。車格的にCB400SF前後の重量の物が多く汎用性も十分ある。 MT-09をフルモデルチェンジさせるぐらいに激戦区でもあり、フルモデルチェンジさせるだけの価値がある人気クラス。 ・1000cc以上のハイパワーモデルは、EUでは保険料がすごく高いお金持ち専用機。日本では保険料が一律でフラグシップモデルが多く人気クラス。大型バイク≒リッターバイクは日本だけの文化らしい。

1人がナイス!しています

1

大型二輪免許ができて公認教習所に行けば実技が免除になったからでしょう。自分は乗りたいと思わなかったけど多くの人は限定解除したいと考えてたからね。 免許持ってる人が増えれば購入者も増える。維持費が安い250を超えてしまえば400は中途半端なサイズということかな。

1人がナイス!しています

0

どうも バブルの頃の大型二輪に 乗ってます!♪ 車のエンジン脱着経験あります 質問者さんへ 私もバブル期のバイクですが (1000ccながらC○1300とほぼ同重量です) (バランスの関係か?C○1300より重く感じますが(苦笑)) しかし 慣れれば大して重くなく平地なら 片手で押せますヨ? (鍛えているのもありますが) バブル期バイクは確かに重いですが 最近の大型(二輪)SS車は (650~750クラス) ヘタしたら それこそV○R400並みとか それ以下の重量です (かなり軽い) 車重だけに及ばず ・免許も取得し易い(大型二輪) ・維持費が400車とリッター車で 殆ど同じ (税金・保険・燃費 全て) だから! ハーレー1200ccと ボス○ス5700cc(8200ccモデルも有り) の燃費が 殆ど同じと言うのに 似ています なので違いは 「免許費用と取得時間だけ」 です ネ 凝った造りの400車なら 造りがシンプルな大型の方が 価格が同じ(近い)か? 「むしろ安い」! ので ♪♪ バブル期に 大型二輪が高嶺の華 だった ・免許取得のハードル ・車体価格の高さ が無い(or 近づいた) から 400ccのメリットは ほぼ皆無な訳です !! 大型二輪の免許を取ったばかりの頃 ある日の某仕事の現場で B○Wの750ccバイクが 乗って来たオーナーが倒れて 運ばれてしまい バイクだけ置きっ放し状態になりました 放置する訳にいかず 残った者で 仕事場拠点に移す必要から 上司や別部署の担当者達が 搬送車両を手配しようとしてましたが 見付からず困っていました 私が ・誰かがバイク乗って行くのはダメなんでスか? と聞くと上司達は ・「いや?ダメじゃないケド 」 ・「ただ免許(大型二輪)持ってるヤツいないダロ」 ・「他のヤツも持って無さそうだし!」 との事 では! と私が遠慮がちに ・「私免許持ってますヨ」 ・「運転出来ますケド ?」 ・「私じゃダメですかネ?!」 と言うと 上司や担当者が ・「オイ ! ホントか?!」 ・「全然良いヨ!持ってるならやってくれ!頼む 」 ・「やったよ□□(トラックの手配して困っていた人です)!トラック要らない!♪」 ・「○○君(私です)が免許有るって!」 ・「スゲーなァ ! 良かった !! 」 と口々に言う皆を前に 念のため免許を見せながら ちゃんと種別欄の大自二にチェックあるのを確認して貰い 拠点までバイクを走らせました!♪ 車種は忘れましたが オフ車とオンロードタイプの 中間みたいな車両で 750ccにしては「華奢」でした そのB○Wは 跨がると予想以上に「軽」く 重い400cc車より明らかに「軽い」車体でした (教習所のバンパー・ランプ等満載のC○400より「軽い」と言う印象でした) しかしエンジンは 控えめとは言えやはり「ナナハン(750)」 で パワーも粘りと言うか 「トルクフル」でした ! 他人のなので 回せませんし回しませんでしたが なかなか良いバイクでした つまり! その軽量なB○Wは 300~350cc並みの車重に (余り見ないが海外だと300クラスとか有るらしいです) (350なら少ないが国内仕様でも有りますね♪) 750ccエンジン搭載した様なバイク でした!♪ リッター車も私のより 同メーカー車の後継機種で 20kg~40kg弱は「軽い」ですから (ただ取り回し面で有利でも安全面で少々危険とは考えます) (旧い私の車両でさえスロットルひと捻りで鬼加速でダッシュするンですから ) (軽い上に馬力もトルクも「上」なので安易な加速操作は「タヒ」を意味しかねません !! ) 大型は昔ほど 重くは無いのですヨ ♪ まあ重い方が長距離疲れ難いのですが 私みたいな 敢えて重い車両に魅力を感じる人以外は 軽い方が良いと考えますから 昨今の大型二輪車は 車重が400ccと大差無いか 場合により「軽い」(爆、本当) 位です! よって 私から言わせれば 逆に 「なぜ400に拘るの ? 」 「意味無くネ ? 」(苦笑) です!