ID非公開

2021/6/14 10:49

55回答

サッカーのGKの背番号について皆様の意見を聞きたいです。

海外サッカー | サッカー49閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆様回答ありがとうございます。確かに時代の流れはあるかとも思いましたが僕は背番号1=No.1だと思ってるので。クラブチームの場合は移籍等があったりするからある理解しますが代表チームでは背番号1は正GKであってほしいです。

お礼日時:6/18 4:44

その他の回答(4件)

0

1番が正GKでなければならないという考え方自体が、古いと言うか逆に理解できないというか・・・。ご自分で「個人的には」とおっしゃっているのでわかっているとは思いますが、あくまで個人的なこだわりだと認識したほうがよろしいかと思います。 前の方も書いておられましたが、今1番に拘っているGKはむしろ少ないと思います。代表なんてここ何回か1番は正GKになれないジンクスもありますし、Jリーグを見ていても1番は少ないのでは? 一桁の番号が格好悪いという人も多いですし、パラグアイのチラベルトなんかは1番でしたけど、他の選手とは違うとんでもなく「太い字体の1番」を付けてたりしましたね。本田圭佑が代表で4番をつけてその後所属チームでも4番をつけているように、ポジションで背番号を表す「ニッポンの高校野球的」な風潮は世界的に崩れているのだと思います。 ちなみに、アルゼンチンはスペイン大会あたりまでワールドカップ代表選手の背番号はアルファベット順でした。なので、例えば当時のGKフィジョルは7番。1番はMFのアルディレスがつけていましたね。 その法則だと当時のスーパースター:マラドーナが11番になってしまうという事で、その前回大会のスターだったケンペスと順番を入れ替えたことが問題となったのかどうか、次からは何となくポジション順になりました。 拘らない人にとっては大した問題ではない。。。という事かもしれません。

1

背番号1=正ゴールキーパーの時代は2010年代後半に終わりました。 また特にナショナルチームの背番号で言えば日本代表も2014まではずっと1以外の選手が正ゴールキーパーとしてW杯に出場していました。 ドンナルンマはミランで背番号1が埋まっており、「一番小さな番号がないのなら一番大きな番号にする」と99をつけているような選手なので、それ以降1という番号以外をつけたいという気持ちがあるんじゃないでしょうか? この時代正ゴールキーパーだから1以外理解できないという考えの人は珍しいです。むしろ正ゴールキーパーだけど1をつけないという方が主流になってきてます。J1のチームも1と1じゃないチームが半々くらいになってきましたね。

1人がナイス!しています

0

本人が他の番号にこだわった場合以外には、当該の選手が入団した時には既に他の選手が1番を付けていたというケースが多いです。 例1:リヴァプールのアリソンは入団した当初、1番はカリウスが付けていたので13番になりましたが、その後直ぐにカリウスはレンタルに出されたので1番になりました。 例2:シティのエデルソンが入団した当初、1番はブラーボが付けていました。しかしブラーボはもういないので近い将来1番を付ける可能性は高いですが、本人が今の番号に愛着を持っていたりして拒否する可能性はあります。 で、代表の話ですが、ドンナルンマはミランでは99番です。これは番号からして本人が希望した可能性が高いです。アズーリではサブが1番を付けて、本人は21番です。これは想像ですが、ドンナルンマは1番を付けたがらないからではと思います。頑なに1番を拒否してる気がします。