今はほぼスロットはやらない派です。

スロット70閲覧

ベストアンサー

0
画像

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。

お礼日時:6/19 9:32

その他の回答(3件)

0

他の方も回答しているとおり、チャレンジタイムの略です。4号機当時はBタイプしか取り付けられなかったのでB-CTという名目になっていたこともあったかと…。 5号機でもCTは存在していましたが4号機とは全くの別物です。5号機CTは決められた出目から発動し、CT中はBIG抽選をせず規定枚数まで成立役を取り続けます。ジャグラーやハナハナのREGなど「規定枚数○○〇枚で終了」と表記されているのが5号機CTとなります。5号機でREGが登載されていた台は「最大12ゲームまたは最大8回の入賞で終了」と書かれています。 6号機でもCTザクザク七福神という台が4号機のCTに似せたようなゲーム性(仕様は別物)で出ましたが、リリース直後からボーナス確率の詐称が問題となり一瞬で不人気台となりました。

0

CT機です。 他に代表的なのでマンクラやピンクパンサーなどがありました。 アステカの兄弟機のワードオブライツも中々人気でしたね。

ワードオブライツありましたね^^; アステカで味をしめたもので何回か打ったことありますが たぶん全敗だったような記憶あります。 ちなみに 中身はアステカと同じでしたか? アステカより出てないような感じしました。

0

チャレンジタイム、CTってやつです。 今は無いですね。

ありがとうございます。 CT機ですか、なるほどです。 ちなみに CT中の当選確率は通常確率なのでしょうか? パチンコでいう確変みたいなものでしょうか? めちゃくちゃ引き戻した記憶があったもので。