確定申告に詳しい方、税理士さんなどに質問です。雑収入が多くなってきたので確定申告をするのですが、色々な費用を経費として扱ったら税金が安くなると聞いていま領収書を集めているのですが、

税金12閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(1件)

0

確定申告資料を始めとした所謂帳簿を作成する場合には、複式簿記という方法で資産負債収益費用を細大漏らさず計上する必要があります。 ゆくゆくは雑所得の規模を逸脱し、事業所得として確定申告を考えており、青色申告をする場合であればそういった帳簿を備え付ける必要もあります。 しかし、あくまで事業的規模では無く業務的規模でしか行われていない業務(雑所得)の申告に対して要求される帳簿は、単式簿記による収支内訳書のみです。 収支内訳書に記載しなければならない内容は、収入と経費の内訳だけです。 よって、何処の口座から出て行った支出だとか、何月何日時点で残高がいくらあるだとか、そういったものは一切必要ではありません。 領収書と内容を費目事に一覧表にしたエクセルファイルなんかを作成して集計してあれば完璧です。 夫婦間で多少名義はややこしくなっていたとしても、実際にあなたの商売に使ったものの経費であれば経費算入して問題ありません。 多少普段使いが混ざるようなものであれば、按分して経費化しても良いです。 領収書についても、いついくら何に支払ったのかが分かれば大丈夫です。 情報が不足していれば、書き込む等して補足しても良いです。 また、クレジットカードの明細の内の一部だけでも大丈夫です。 ただし、後から見て分かるように資料に目印を付ける等して、一応5年程度は保管するようにしてください。