ID非公開

2021/6/16 15:08

55回答

慶喜は、何故鳥羽伏見を放り投げて、

日本史76閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

ベストアンサー

0

ID非公開

質問者2021/6/16 18:35

大変参考になります。 後半の身とから、養子を、入れた意図、安全装置の説明が 、私のリテラシー不足で分かりません。もう少し補足説明お願いします。

その他の回答(4件)

0

色々説はありますが、結局のところ慶喜自身がこの江戸帰還について何も記録を残していないので、本当のところは何もわかっていません。 ただ、十四代家茂の時に、慶喜は将軍後見職として、実質的な幕府の最高責任者として活動しています。 つまり、最も幕末情勢を把握していた一人でした。 その慶喜が敵前逃亡ともいえる行動を取ったということは、もはや大勢が決していたと理解していたのでは、という説が有力です。

0

あんたが理解できないだけ 当時、足利尊氏の評判がどれだけ悪かったか 500年経っても悪口言われてるんだぞ あと水戸ということも大きいわな 内戦を避けたというのは穿ち過ぎ

0

そもそも幕府(将軍職)にほとんど愛着がない。尊皇思想だけでなく、内戦を長引かせて外国の干渉を受けるのを嫌った。つまり自分や幕府の立場に全く頓着していない。 ある意味,幕末で一番の秀才ではある。人間らしさがほとんど感じられないけど。

1

王政復古の大号令で天皇が薩摩手中に落ちた事で慶喜は戦わずに勝つ方法で反徳川勢力から主導権を取り戻そうとしました。しかし、そんな慶喜の深謀遠慮など理解しない江戸と会津などの強硬派が薩摩挑発に乗ってしまった事で慶喜は勝機は失せたと判断したのでしょう。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者2021/6/16 18:31

王政復古ではなくて、大政奉還では? ちょっと、前半が意味わからないので、修正お願いします。