回答受付が終了しました

ID非公開

2021/6/17 19:37

77回答

米って基本的に育てるのに手間や原価率一緒なんですかね?

回答(7件)

0

種籾から育てるか、育った苗を買うか、肥料、農薬、人件費、それらで全然コストが違います。

0

米の製造コストはどの銘柄でもほぼ同一です。あとは購入者の好みというか、ネームバリューで値段が変わってくるわけ。 それから魚沼産コシヒカリ(10kg\10000)と福島産フクミライ(10kg\4000前後)を比べると、新米時なら香り米であるフクミライのほうが遥かに美味、 ではなぜコシヒカリのほうが高いかというと、コシヒカリは翌年秋になっても味が大して変わらない、ところがフクミライは香りが強いだけあって翌春以来ものすごく虫が湧きます。そのためフクミライは年内はよく売れるが年が明けると需要が急減する。そのため需要に差ができ、不味いコシヒカリのほうが高価という珍現象が起こるわけです。 またコシヒカリは軟質米、アキタコマチは準硬質米てな点で、世評が狂う一面もありますよ。

0

コシヒカリはもともと病気や風雨に弱く、生育するのに非常に手間がかかるために、本来開発した福井県ではあまり栽培されませんでした。 それについてもともと手間をかける栽培法が主流の新潟県が栽培に手を挙げたことで広まっていきました。 要するに、いまのブランド米の元祖であるコシヒカリは栽培に手間のかかるものであるということです。