「お茶出しするのは女性」という暗黙の了解的な習慣はもう古いのでしょうか? 上記の通りです。

職場の悩み | 一般教養101閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さんありがとうございました。 改めて、色々な考えがあるなぁと感じました。(古いとは分かってましたが…) 「差別意識が強い」という一文に先輩とのことを振り返ってみれば、「自立した女性」や「最近の女性は〜」などのフレーズをよく聞かされるので、当たってるかもと思いました。 その人の思想に合わなかったのだろうという感じであまり気にしないでおきます。 ありがとうございました!

お礼日時:6/21 20:10

その他の回答(8件)

0

古いけど女性がやる場合もまだまだ多いと思いますよ。 ウチの職場は来客用に缶やペットボトルのお茶を常備してあります。時代は変わったものだと思いました。 あくまでも『自分の見てきた人は』ですが、やたら男尊女卑とか女性差別とかに敏感な人ってただ自分が面倒くさいからやりたくないだけなんじゃ…って人が多いですね〜

1

世代によってかなり考えに差はありますよ。 昔は男性社員は総合職が多く、女性社員はパートタイムが基本でした。 現在だと女性上司に男性部下というパターンもあり、その場合だと男性が雑用をすることがあると聞きます(女性にやるとセクハラと訴えられかねないため)。

1人がナイス!しています

0

今でも存在します。 社長室秘書はすべて女性でありお茶出しも大切な仕事です。 こうした職はなりたくてもなれない女性の名誉職でもあり、会社の大事な来客を接待する仕事です。 学校現場の女性教師がたまに来客にお茶出しする事例とは異なりますが、男尊女卑とは違う、女性でなければ勤まらない仕事もあるという一つの例を掲げてみました。

0

そんなことで怒ったり気を悪くするか? そりゃ可笑しい。 なんのこたぁない。 オジちゃんは84歳だ便所の掃除や ゴミ出し、お茶だしするよ。

2

>「お茶出しするのは女性」という暗黙の了解的な習慣はもう古いのでしょうか? 古いと思います。 僕も教員(おっさん)ですが、お茶出しに行ったりしますよ。 その時に手が空いている(であろうと予想される)人がやることであって、女性がやるって決まっている物ではないです。

2人がナイス!しています