イギリスが諸悪の根源の根源ですか?

世界史 | 国際情勢65閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

イギリスと他国の違いはその輸送力です 例えば奴隷貿易にしても前近代の船だと何百人も長距離航海は困難です イギリスの船がハイスペックだからこそ何百万人も輸送できた 例えば モンゴル帝国が中国を搾取しようにも大量の物資を格安で運ぶ手段ってないんですよね だからその影響は限定的です しかしイギリスの場合は先に触れたようにグローバリズムのハードウェア、ソフトウェアが充実しています なので物理的な影響力が大きくなるわけです これを世界システム論とかいいますね

その他の回答(5件)

0

どちらか言えば、イギリスは 混乱の収拾役ですね。 植民地でも元英領の方が 安定していますよ。 何より英連邦に残留する所が多いのは 英国統治の良さを証明しています。 奴隷制度廃止にしてもアメリカより ずっと早いです。

0

日本の乱妨取りと荘園制による奴隷制はイギリスに何の関係も無い。 イギリスは単に「勝った」だけ。 他の国が勝ったらもっと酷かったかも知れない。

0

時代によって異なるので何とも言えません。 南アメリカ大陸では、スペインによる感染まき散らしや大虐殺が行われたわけで、ベルギーがアフリカで無茶したり、色々です。

0

ブリテン島に文明が起こる前から奴隷制度はあるので、さすがにその責任を全部イギリスにおっ被せるのは行き過ぎ。笑