ID非公開

2021/6/22 13:56

44回答

不動産取引のプロの方。 この土地は公簿と実測では結構差がありそう。という判断はどこに着目すれば検討付くんですか?

土地 | 不動産24閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

その他の回答(3件)

0

法務局で登記簿謄本と公図を取り公図からは縮尺定規で採寸。 現地へ出向き、メジャーで測る 大きな差があればおおよそ分かります。 『公簿売買』『実測売買』があります。 特別の理由がない限りほとんどの場合は実測売買が多いです。 何故ならば、後日揉めないために、測量をして測量図を添付します。 一番ベストなのは『確定測量図』です。

0

過去の測量図があれば現地との確認で分かります。 なければ凡その計測で大きく違う場合は分かります。 基本的には測量して売買するのが一般です。 そうでない場合は公簿面積を使います。 但し山林など広い場合は測量費が高いのでしません。